感想ノート

  • Dear)氷月あや様

    感想並びに素敵なレビューありがとうございます。以前別作品で頂いた時にも思ったのですが、氷月様のレビューは作品を何割増しも素敵な作品に思わせる力のあるレビューだと思います!嬉しいです(><)


    今作品は設定が全体的にシリアスで重たく、読者様が疲れてしまうようなものだったので、そのぶん、日常会話は柔らかなタッチで書いて参りました。

    『感情』を扱う作品なので、読んで下さる皆様を全ての感情で揺さぶる…拙い文章能力ですが、その目標が達成出来ていたなら嬉しく思います。

    悲しみも、喜びも、そしてそこから生じる胸の痛みや、感想で頂いた通り時に独りよがりな行動も、ひとつひとつ受け止めて頂けたんだなと感想を読んで思いました。

    こちらこそ、最後までお付き合い頂き、こうして思ったことを感想やレビュー下さりありがとうございましたm(__)m
    いとおしい気持ちになったという言葉が嬉しくて、何度も感想レビュー読み返させて頂きました…!

    愁檎   2016/09/13 19:42

  • 前からずっと気になっていた『R・U・I』、読ませていただきました。

    エミリたちが背負う悲しい運命が次第に明かされるたびに、胸が痛くてたまりませんでした。
    遠回りをしたり独りよがりになったりしながら前へ進んでいく彼らの姿、とてもいとおしかったです。
    非常にシリアスな中でも、彼らの明るいやり取りには救われた気持ちになりました。

    うまく言葉にできず、感想が舌足らずになっています。
    すみません。

    素晴らしい作品をありがとうございます。

    馳月基矢   2016/09/13 06:08

  • Dear)かな様

    かなさん!わーー(><)言葉にならない喜び
    読みに来てくださってありがとうございます(><)!う、うう…感激

    何だか身に余るお言葉の数々に嬉しくてスクショしまくりました(´;ω;`)すごく1頁に時間をかけながら書いた作品だったので本当に嬉しいのと本当に勿体ないお言葉…
    作品自体のプロットはひと作品あたり数ヶ月かけてじっくり作ってるんです。それに気付いて頂けて幸せです!

    全てが重たくならないように、ルイの登場シーンは軽く軽く書きましたが、この軽さが後の物語の伏線だったりしました。その仕掛けにもちゃんと気付いて頂けて良かったし、感想読んで嬉しくてドキドキしています。

    ありえないSF設定だけれど、いかにリアルな青春を、思春期の未熟さからの成長を詰めていくか、筆者の私自身悩みながら、足りない自分の技量と共に戦いながら描きました。ひとつひとつ拾ってもらえて、読後そう感じて頂けて、書いてよかったなと心から思いました。

    ラストも初めからブレず、構想通りに行きましたが受け入れてもらえて良かったです(^^)
    燭と里佳子は私も救われる2人だったので、かなさんにも気に入ってもらえて嬉しいです!

    丁寧な感想、深い読み込みをしてもらえたことを本当に本当に嬉しく思います。
    読んで下さり、感想を下さりありがとうございました。

    愁檎   2016/07/13 20:15

  • 読 了 さ せ て い た だ き ま し た…*\(^o^)/*!!

    まず!愁檎さんの語彙力と文章力にたまげましたよわたし…!!わたしの頭じゃとても出てこない…!!
    そして、世界の作り込み方も秀逸で!!すごく練りこまれていて、愁檎さんの頭のなかをのぞいてみたくなりました。どんだけ下準備をして書かれているんだろう〜!?

    最初ルイくんが出てきたときはちょっとコミカルチックなところもあって、超展開ににまにましていたのですが…全部読ませてもらった今、とてもさらっと読み飛ばせない、濃密なお話だったなと感じています。

    濃密で、リアルな痛さも散りばめられていて、ずどんと心にくる重さもあって。
    かつ青春のキラキラ感もあって、大切なものも、優しさも、たくさんたくさん詰まっていて。プラスもマイナスも、本当に数え切れない感情が詰め込まれていて、登場人物みんなが本当に生きているみたいでした。お互いが相互作用しあって、少しずつ変わっていく様子には心打たれました。

    とても切ないラストだけれど、わたしはとても好きです。里佳子ちゃんと燭のカップル(勝手に認定)もとても好きでした…!!

    つらつらと書きなぐってしまった!!独特の世界観持った、気持ちを揺さぶってくれる素敵なお話を、本当にありがとうございました(*^^*)

    かな   2016/07/09 03:48

  • Dear)柊コウヤ様

    完読と感想ありがとうございました

    感情って時にとても邪魔で、煩わしくて、要らないと思うこともあると思います。
    けれど、この拙い作品を読み、最後にそう感じて頂けたのであれば私はとても嬉しく思います(^^)

    いつもお越しくださりありがとうございますm(_ _)m

    愁檎   2016/04/17 19:32

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。

pagetop