ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    「こうくん、帰ろ?」

    「…」

    「こうくん…?」

    なんで今日、メイクしてるんだ?

    いつも結々は可愛いけど、今日の可愛いさは以上だ

    「ねぇ」

    「どうしたの?こうくん、何かあったの?」

    「今日、なんでいつもより可愛いの」

    「っ…」

    素直な感想を口にすると、頬を赤く染める結々

    あー…可愛すぎ

    「メイクしてるでしょ?」

    「う、うん…」

    「なんで?」

    そう言うと、モジモジしながら話すのをためらっている結々が愛おしすぎてしょうがない

    「えっとね…こうくんに少しでも可愛いって思って欲しくて…」

    なにそれ…こんな可愛い生き物がいて大丈夫なの?いてくれないと困るけど

    「何その可愛い理由…俺はいつも結々のこと可愛いって思ってる」

    「っ…ほんと?」

    「うん、だからさ…俺以外にそんな可愛い結々見せちゃダメ」

    「っ…うん、わかった」

    可愛いすぎる結々は、俺だけが知ってればいい

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 廊下
    • 壁ドン

    私、波奈。
    只今、宿題を教室に忘れ、夜だというのに学校に忍び込んでいます…
    「ん?先輩?」
    「え?」
    絢斗?
    「偶然ですね」
    「本当!絢斗はどうしたの?」
    「俺は伊紀の宿…」
    「誰かいるのか?」
    え?
    「多分、宿直。見つかると退学になるかも。あ、そこ隠れましょう」
    _ドンッ
    隠れるためだよね…。
    え、絢斗に壁、押し付けられてる。
    なんで、こんなにドキドキするの?
    壁ドンってドキドキするもんなの?
    「けん、と…?」
    「黙ってて」
    ドキドキが収まらない…
    顔が、近い…
    限界で、絢斗が離れた。
    「先生行ったみたいです」
    「そ、そっか、ありがとう、私、帰るね!」
    心臓が、今も速い。
    「先輩、顔赤いですよ?熱?」
    顔赤い?
    「大丈夫だよ!」
    「それならよかったです。じゃあ。あ、」
    『心臓の音、めっちゃ速かったね』
    耳元でささやかれた。
    何あれ…
    絢斗のせいで、また心臓が…
    _ドキ
    あぁ、速くなった。

    開く閉じる

    • 後輩

    「先輩ー」

    ヒナタは迎えに来たよと言うかのように教室に入ってきた。

    「ちょっと待ってて!」

    急いでスクバに荷物を積める。
    カランと音をたてるのはヒナタとお揃いで買ったイルカのストラップだった。

    懐かしいなと思い出に浸っていると

    「まだ?」

    と呼ばれた。

    「お待たせ」

    昇降口まで二人で歩く。

    今でも夢みたいだ。こうしてカレカノになれるなんて。

    不意に手を繋いでみる。

    「えへへ」

    夕日で照らされているヒナタの顔はどこか切なかった。

    「ん?」

    「いや、先輩がいつまで俺と居てくれるかなって」

    そんなこと思ってたの?

    繋いでた手に力を込める。

    「私はヒナタから離れるつもりないよ。ヒナタこそずっとそばに居てね?」

    「おう」

    不安にさせてごめんね。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

彼の鯛焼きにはあんこが入っていない (さいマサ/著)

  • アイスさん。☆やっぱりアンコ入ってないとね、と思いますが。そこでビールが来るあたり、さすがですな。美味しい‼︎以上のものはありませんからね(^^)

    さいマサ   2015/06/26 09:37

  • 左近さん☆いらっしゃいませ。ゆるキャラからいきましたか、正しい道順です。あれ、七色でした?でも最近のは、途中から黒いのやら銀色やら出てきますからね。普通にアンなしのは売ってますね。中にポテトサラダとか入れて食べるらしいです。私はですね、あの歌詞はあのまま転載していいという特権があるのですよ、ほほほ。だって、社長ですもの、ほほほほ。

    さいマサ   2015/06/18 19:15

  • 寿桜さん☆美味しい鯛焼き屋さんを知ってますので、是非(^^)ゴボちゃん禁じ手なんですが、やっぱり出してしまいました。

    さいマサ   2015/06/18 19:11

  • お久しぶりでございます。

    結構前に見つけてたんですけど、m子さんのレビューに従って、ちゃんと『ゆるキャラ』から読んだ左近を褒めてくださいm(__)m

    つか、日記は常にチェックしてるんですけど、今回初めてラリアットとかごぼちゃんとかがわかった不届きものです( ̄▽ ̄;)

    ごぼちゃん、いいと思いますけど。
    世間には納豆の妖精がいるようですし。

    ところでなんで「七色戦隊」なのになんで五色なんですか?
    ここ突っ込んでもいいところですかね。

    そして今回のこの作品は、題名を見た瞬間「そんな鯛焼きは嫌だ」というのが第一印象でした。
    鯛焼きはスタンダードに粒あん派です。頭からがぶりと食いつく冷血漢です。

    最後にこの第二部になるんですかね、の歌詞はいろいろ大丈夫なんですかね?というささやかな疑問を投げかけて、夕飯の酒で結構べろべろな左近はあまりの誤字誤変換に嫌気がさして、己の更新をとっととやめて社長のところに遊びに来たのでした。

    藤堂 左近   2015/06/17 22:41


  • たいやきが食べたくなりました。
    あの歌が頭の中を駆け巡り、私も一緒に海を泳ぎ、サメに出会い、旅を楽しみ、鉄板に戻ってきました。
    塩味なたいやき、おいしそう。
    読後、なんともいえない後味でしたがゴボちゃん来た時にぷぷっと吹きました。お、始まったな的な。笑。
    ゴボちゃんで救われた。
    てか、混乱している女子がかわいかったです。そりゃそうだ、自分の方からみた足だと思ってしまうとうんうん頷きました。

    たいやきのお話楽しかったです。

    藤原 寿桜   2015/06/17 09:55