ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 下駄箱
    • 相合傘

    「真凜、、 どうしよう、雨降るの知らなくて傘忘れちゃった、」

    「なら結愛、私の使って? 今日日直で帰り遅くなるし、その頃には止む予報だから!」

    「でも、ほんとにいいの?」

    「早くしないとバイト遅れちゃうよ! 帰った帰った!」

    「パフェ奢るね、 真凜ありがとう!!!」

    ゆっくり教室の掃除でもしよっと!

    ...

    先生に褒められたのはいいものの、まだ雨降ってるなあ、

    こうなったら走るしかないかな?

    よしっ、、

    「何してんの」

    うわ、雨の中走ろうとしたの誰かに見られた!!
    恥ずかしすぎて、後ろ見れないよ、

    「あのですね、 これには訳が、、って
    え? 柊くん!!??」

    「入れば?」

    「何に、?」

    「傘、駅までは一緒だろ。 早く」

    「えっと、、ありがとう、お邪魔します、」

    ...

    (真凜まじで可愛すぎだろ)

    (柊くん優しいすぎ、、)

    ゛2人の恋はこれから ゛

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

私の気持ち【短】 (天狐./著)

感想ありがとうございます。

  • 読了させて頂きました。

    私も痛いほどのその心情が分かります。
    ……なんて、大げさなことを相手に面と向かって言うことは到底できません。


    天狐様の言葉は一つ一つが重くのし掛かり、胸に響くものがありました。
    はっきり同感できたのかは分かりません。

    けれど、私はとてもそんな、強い心は持っていない。
    だからこそ、そこまで堂々と物事を見極め、理解できる内容に心打たれます。


    この作品からは、幾らかの共感を得ることができました。
    執筆、ありがとうございました。

    藍沢るい   2015/04/02 23:52

  • vlad様


    vlad様、感想ありがとうございます!


    かなり文にまとまりがなく、トゲトゲした内容だったにも関わらず、読んで頂きとっても嬉しい限りです。


    これは私が小学生だった頃に体験したことです。

    この頃は学級崩壊寸前で、すごくクラスが荒れていた時でした。


    そんな中、友達もなく独りでいると、いつから私の運命ってこうなったんだろうと思っていました。


    学校に行く道にあった小さな祠に何度も『今日、いいことがありますように』と願っていました。

    自分自身に傷を付けてまで、両親に構って欲しい、愛情が欲しいと思っていました。


    母は私の事を理解してくれましたが、父は九州男児のため、理解をしてくれず喧嘩をよくしています。


    でも、感想を貰ってすごく勇気や慰めになっています。


    長い文になってしまいましたが、本当に感想ありがとうございました。

    天狐.   2015/03/26 16:41

  • こんにちは、vladです。こちらも拝読させて頂きました。

    たった七ページの短い文章なのに、読み終わってから自分の心をえぐり出されるような感覚を味わいました。
    率直な感想で申し訳ありませんが、共感できるところが多過ぎて心が痛いです。
    悪い意味ではありません。

    「一人が好き。でも、一人は嫌」の矛盾は私も小学生の頃からずっと抱えていて、今だに解決していません。だからこそ◇天狐◇様の「寂しい」という訴えが、自分の心の奥底にある本音を暴かれたようで胸に来ました。

    この作品を書いて下さってありがとうございます。
    読み終わってすぐ感情のままに書いた感想なので、乱文申し訳ないです。

    vlad   2015/03/26 14:40

  • 氷月あやさん、感想ありがとうございます。


    私は意地を張って、一人がいいんだと自分に言い聞かせることがあります。


    けれどやっぱり、心の奥では一人にしないでと泣いています。


    これは、私が成長すれば笑える話になるかもしれません。


    だからこそ、この感情を元に、物語を書きその人物の気持ちを考えて書きたいと思っています。


    本当に、氷月あやさんには救われています。
    心に染みる感想をありがとうございます。

    天狐.   2015/03/15 15:57

  • こんばんは。
    コメントはお久しぶりですが、更新中の小説は読ませてもらっています(*^^*)

    苦しい気持ちを抱えているんですね。
    「一人で過ごすこと」は強さの表れでもあるし、弱さの表れでもある。

    一読者として、私は◇天狐◇さんに共感できるけれど、解決法や結論を提供することができなくて、無力感を覚えます。

    いじめによって傷付いた経験、傷付けた経験。
    それらを乗り越えてここに書くことができる◇天狐◇さんは、強い人だと思います。

    私こそ、まとまりのある文章が書けてないですね(^v^;
    お邪魔しました。
    まだ肌寒いので、風邪などひかないように気を付けてくださいね!

    氷月あや   2015/03/15 01:44