ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ

    (ふん!絶対戻ってやんない!)

    「おい!待てよ!待てって!」

    追いかけてきたのは私の幼なじみの翔平

    「おまっ!ハァ、ハァ、録画撮れてなかったから家飛び出すとか…ハァ、ガキかよ!!!!」

    「うるっさいなぁ!常盤潤が出てるんだよ!?ねえ!あの人神だよ!?神とり忘れたって…ありえない!」

    「自分でやりゃよかっただろ!」

    「……とっとにかくックシュッ!」

    「ちょ、きったねえなー」

    そう言った翔平は来ていたコートを脱ぎ始めた。

    「あーあ!あちー!暑いし重いからやるよ」

    と言って私にコートを押し付ける。

    「え、」

    「あーあ!あちーからこんなん飲めねーわ。どうせもう冷えてんだろ。重いからやるよ」

    と言って、今度はポケットから缶のコンスープを取りだして渡してきた。

    「……あったかいよ。ばか」

    翔平は知らんぷりをする。

    「今日はおしるこの気分だった。」

    「文句言うな。」

    開く閉じる

    • 彼氏

    私と彼は今喧嘩中
    理由はほんの些細なこと
    そんなことで怒る私は本当に、馬鹿だと思う
    本当。短気な自分が大嫌い
    今も、家まで飛び出してきちゃって
    あーあ。バカだなぁ
    冷たい風が頬を撫でた
    寒…部屋着のまま来たからスマホしか持ってないや…
    自分の無計画さに嫌気がさした
    「帰って謝ろうかな…」
    ふとそんなことを呟いてみても
    やっぱりそんな気には、なれなくて
    どうしたものかと天を仰いだ
    「みさき!」
    後ろから、喧嘩したていた彼の声
    私は思わず振り向いた
    「ごめんなみさき。みさきの言う通りだよ、俺が間違ってた。だから帰ろ?」
    よく見ると、彼も部屋着のまま。
    走ってきたのか、少し息が上がっている。
    「ごめん優馬…わたしの方こそ間違えてたよ。短気な私でごめんね」
    すると彼は、優しく首をふった
    「全然。俺はそんなみさきだから好きになったんだよ。」
    私の胸が大きな音を立てた
    ほんと、大好きだよ。優馬。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    「あ、雪が降ってきた……もうこんな季節か……」
    ほんとだ……そっか……もうすぐ先輩は卒業……しちゃうのか

    「鈴菜!」
    「え?」
    ふいに先輩に呼ばれたので私は後ろを振り向いた
    先輩はいない。
    あれ、どこいったんだろう……
    私は辺りをキョロキョロ見渡す。


    ギュッ


    すると何か後ろから暖かいものを感じた
    また後ろを振り向くと先輩が私にぎゅっと抱きついていた。

    「ど、どどどどうしたんですかせんぱぃ!」
    「え?どうって暖めてるんだよ。だってこんな雪なのに寒いでしょ?」
    ま、まぁ今違う意味で暖められましたけど……

    先輩の息が私の耳元にあたる

    「俺……鈴菜のこと好き俺と付き合ってくれない?」
    先輩からの告白は思いがけないものでした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

真実と嘘〜Truth or Falsity…*〜【下】 (うい。/著)

時間の都合上お返事できませんが、思ったこと感じたこと気軽に書いてくれたらとても嬉しいです。

  • こんにちは!
    もうホントに良い話で感動しました✨
    言葉だけを信じることは誰かを傷つけてしまうことも学べました。

    それと、隠された真実というお話と少し似ている気がしたのですが…
    一応ご報告です!

    いいお話をありがとうございます!!

    まっぴー(^・^)   2019/08/28 21:33

  • 茜がどストライクでした涙

    高田れい   2019/08/11 08:24

  • 友達からのおすすめでこのアプリではなくて本を貸してもらいました

    最初すごく分厚くて
    「お、おぉ」って感じだったんですけど読んだらほんとに最高で一日で読み切ってしまいました(--;)


    最初とかモヤシだ
    とかでずっと爆笑してました。
    でも泣けるところもあって最高すぎです…

    この作品に出会えてほんとに良かったです
    友達にも作者様(うい様)に本当に感謝です

    感動と面白さをありがとうございました!

    ☼*akari*☼   2019/05/03 00:52

  • 全部読ませていただきました!
    茜の優しさ、白龍の優しさが日向への癒しになってたのではないかなと思いました。
    そして、読んでいるときうるっとくるところは、たくさんありましたがとても面白かったです。
    日向のたくさんの辛い思いが自分と似てるなって思って、最終的には画面が見えないほど泣いてました笑
    番外編が気になる😳💭💟

    次の小説も期待してます!
    応援してます!

    jungkookゆめ   2019/01/09 17:22

  • うぃ。さん、上下、番外編読ませていただきました。
    私も信じていた人達に裏切られて、いじめられてることがあって、そんな自分と日向を重ねて読んでしまいました。
    今まで色々な話を読みましたが、何度読んでもやっぱり、このお話が一番、感動と元気、勇気をくれました!
    もう、5回以上読ませて頂いているのに、感想を送るのが遅くなってスミマセン😵
    大変だと思いますが、茜と日向のこれからが気になるので、もしよかったら番外編の続きをお願いします(>.<)y-~
    ファン作家登録もさせていただきました♪
    これからも応援しているので、頑張ってください( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

    ゆず苺   2019/01/04 16:55