ユウは、テーブルの上に置かれた部屋の合鍵を、ただ呆然と見つめていた。

少しの荷物と仕事用のカメラのバッグだけを持って、レナが、半年間二人で一緒に暮らしたこの部屋を出て行った。

(レナが出て行っても仕方ない…。それだけのひどいことをしたのは、オレなんだから…。)

レナがいない部屋はやけに広くて静かだ。

ずっと一緒にいようと約束したことも、お互いを大切に抱きしめ合ったことも、想いを伝え合うようにキスを交わしたことも、すべてが夢だったのかも知れないとユウは思う。

それでも、レナが確かにここにいた跡が部屋中に残っていることが、ユウの胸をまたしめつけた。

楽しそうに笑った顔、照れて赤くなった顔、怒って無愛想になった顔、ヤキモチを妬いてスネた顔、キスをして欲しい時の甘えたようにユウを見上げる顔…。

どんなレナも、ユウにとってはすべてがかわいくて、たまらなく愛しかった。

ただまっすぐに、純粋に愛してくれたレナを、またこの手でひどく傷付けてしまった。

(もう、オレなんて…生きてる資格もないのかも知れない…。)



夕べ、レナは帰って来なかった。

いつもならメールのひとつもよこすのに、初めてユウに何も言わず、一晩家を空けた。

帰って来てもユウと顔を合わせることもなく、まるで一人暮らしのような部屋は居心地が悪くて、マユの家にでも泊まったのかも知れない、と思いながら、ユウは、レナから何の連絡もないスマホの画面を見た。

ユウは、自分から避けておいてレナが帰って来ないことを気にしている自分をおかしく思いながら、なんとなくスマホでネットニュースの画面を開いた。

「えっ…?!」

そこには、思いがけない文字が踊っていた。


“美人モデルアリシア、人気俳優野崎恭一と、彼には内緒の熱い夜!!”


“ホテルの前で人目もはばからず熱い抱擁”


“ユウに愛想を尽かした?!堕ちたギタリストから人気俳優に乗り換えたアリシア”



(これ…どういうことだよ…?!)