幼い頃の記憶の中の君は

いつも寂しげに たたずんでいた

泣いたり笑ったり怒ったり

そんな感情を深く心の奥に閉じ込めて

いつも不安そうにどこか遠くを見つめていた


僕はいつも君に笑って欲しくて

君を悲しませるすべてを遠ざけようと

ただ必死で 君を守り続けた


いつしか僕にだけは安心しきったように

穏やかに微笑んでくれるようになった君

僕はそんな君がたまらなく愛しくて

ずっと君を守り続けたいと思ってた


そう思っていたはずなのに

傷付くことや君を失うことを怖れて

伝えられなかった勝手な想いを

君に一方的に押し付けて

僕はこの手で君を傷付けた


どんな時も泣かない君を

君を守るためのこの手で

傷付けて泣かせた僕は

胸の痛みに耐えきれなくて

君との大切な日々も

愛しかった優しい時間も

何もかも捨てて

君のいない場所へ逃げ出した



どんなに離れても君への想いは消えなくて

愛しい君の泣き顔が胸をしめつけて

僕は長い長い時を悔やんで過ごした



もう2度と会えないと思っていた君との再会

変わってしまった最低な僕の姿を

君はどんな思いで見ていたのだろう


君を傷付け泣かせた弱くて最低な僕を

昔と変わらず信じて待っていてくれた君が

他の誰かのものになるために

勝手な僕の恋の返り血を浴びて

泣きながら僕の元を去って行った


1度は自分で手離して悔やんだはずの

愛しい君との掛け替えのない時間を

この手で終わらせてしまった臆病で卑怯な僕


もう朝など来なければいいと

生きる希望もなくしていた僕に

愛しかった18歳の君が残してくれた

離れていった僕への優しいメッセージが

苦しかった僕の恋を包み込んでくれた


そして君はこんな僕を選んでくれた

こんなにも弱くて愚かな僕を

君はまっすぐに純粋に愛してくれる



だから僕はずっと守り続けたい

二人で過ごす 穏やかで優しい時間を

二人が過ごしてきた長い長い時間を

無邪気な笑顔も 哀しみに流した涙も

君と僕を繋ぐものすべてを

僕のこの手で 守り続ける


繋がれた手の温もりを

抱きしめた肌の温かさを

愛しい君のすべてを

2度と離さない


それが僕にとって最高の幸せだから