ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】

    「あっ、先輩っ」
    「美優ぅー!」

    テニスコートから走って来たのは、これでも学校一のイケメン先輩。

    「先輩にプレゼント渡したくて…」
    「えーっ!ありがとー美優ぅ!」
    「もうっ…先輩なんだからしっかりしてよ」

    私にぐでっと体を預けてくる先輩。
    そんなことは置いといて。

    「はいっ!メリークリスマス」
    「うぉぉぉありがと!俺これだけで残りの部活頑張れる」
    「えへへっ、じゃあ頑張ってね?」

    私もテニス部に所属しているからよく分かる。
    筋トレがすごくキツい+冬は寒い。

    「美優、それはねぇだろ」

    やばっ。

    先輩が『男』のトーンになった…!

    -ちゅ

    「よしっ美優チャージかんりょー」
    「なっ…///」

    …ねぇ先輩。

    あなたはなんでそんなにもかっこいいの。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】
    • 廊下
    • 後ろからギュッ

    私には付き合って2ヶ月の彼氏がいる。
    そんな彼が今日、綺麗な女の人と歩いているのを見かけた。
    私は気付かれる前に走って家まで帰った。
    もう顔は涙でグシャグシャ。
    ただただ心が痛くて。

    そして気付いたらクリスマス当日。
    先輩と一緒にいたかったな。と思い帰ろうとしたら、後ろから誰かに抱きしめられた。

    先「やっと…捕まえた。なんで逃げるの?」
    「先輩が、一週間前女の人と歩いてるのを見たから…!」
    先「それさ、俺の姉貴だって言ったら?」
    …じゃあ勘違いって事?!
    「ごっ、ごめんなさい」
    先「許さない。今からお仕置き。」
    ニヤッと笑って私の手を引く先輩はどこか楽しそうで。
    やっぱり私はこの人が大好きだ。
    「大好きです。先輩。」
    先「うん知ってる。はい、これ。
    これを買うために姉貴について来てもらったんだ。」
    そう言って渡された紙袋。
    先「メリークリスマス」
    今日は甘いクリスマスになりそうです♪

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    今日、憧れの先輩と会う約束をしていたの!楽しみだけど、やっぱり緊張するー!よし!きを引き締めて!
    私「すいません、遅くなって」
    先輩「俺も今来たとこだし大丈夫。」
    私「あの、私に何か用ですか?」
    先輩「伝えたいことがあって」
    伝えたいこと?まさか、告白!!なんて、そんな都合の良いこと起きるわけないよね...
    先輩「俺、お前の事ずっと前から好きだったんだ!」
    私「え?!」
    先輩「こんなバカみたいな俺とお前がつりあう訳ないと思うけど、それでもお前の事が好きなんだ!!」
    先輩...
    先輩「こんな頼りない俺でも、付き合ってくれますか...?」
    私「先輩、私は先輩を頼りないなんて思ってませんよ?だって...」
    チュ
    先輩「っ///」
    私「こんなにも愛しているから!」
    先輩「俺も...」
    こんな夢みたいな恋があるなんて信じられないけど、これが本当ならば私は先輩の彼女になれて、幸せです。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

睡恋─彩國演武─ (天倉千尋/著)

第二部的なところへ突入です。読者の皆様が支えて下さったおかげで、睡恋もここまで続けられました!本当にありがとうございます。数えきれない感謝と共に。

  • >>いいよさん

    こんにちは!あわわ…お返事遅くなってしまってすみません;;

    更新分まで!?き、恐縮です。もうぐだぐだな文で本当にすみません!でもありがとうございますー!

    アイと藍のエピソードは個人的にも気合いを入れて書いたので、気に入って頂けて嬉しいです!!

    そしてそして…本当に千霧はどうしてしまったのかもはや私にも←オイ

    まだまだ長くなりそうですが、お付き合いくださると嬉しいです^^

    貴重な感想ありがとうございました!

    天倉千尋   2010/02/07 17:08

  • こんにちわ!
    更新分まで読ませていただきました

    もう毎回千霧にどきどきさせられ、呉羽の不思議な優しさと魅力にも引きつけられ由良の健気さ?にもときめきます

    そしてアイの(藍)話には胸が熱くなりました…!!

    まだまだ先が読めず、これからの展開も楽しみにしています!!

    なによりもどうした千霧−!!と一人そわそわしていたりします…!!

    またお邪魔させていただきますね!

    櫻いいよ   2009/11/10 14:54

  • >>ユツキさん

    こんにちはっ♪
    アイと藍、なかなか自由な性格なので作者も振り回されてます^^;

    由良は苦労体質ですね(笑)

    藍は自由なようで一番色々を抱えていたので、少し重い話になってしまいました。
    千霧の呉羽への信頼がまた高まりつつありますね。ユツキさんにそう言って頂けて幸せです。

    章タイトル、気に入って頂けて安心です♪どらまてぃっく!良い響きですv

    この感想を糧に更新頑張ります!!ありがとうございましたv

    天倉千尋   2009/07/25 19:57

  • こんにちは♪
    更新分まで追いついてしまいましたですー。

    アイ様!! 藍様……!!

    いろいろ驚かされましたですが、翻弄されまくりの由良がかわいいと思っています(笑)

    藍王子の苦悩のシーンは息をのみましたです。
    そしていつのときも、つい呉羽を頼ってしまった私です。呉羽なら助けてくれる! とか。この信頼は千霧への感情移入なのかも……

    ではでは。続きをお待ちしておりマス♪
    今、目次を開いてみたところ、章タイトル、並ぶとまた一層素敵! とときめいてしまいました。どらまてぃっくですー。

    スギ ユツキ   2009/07/04 17:29

  • >>ユツキさん

    こんにちはっ♪
    さ、様付け!?

    アイを気に入ってくださった方は初めてで作者としてとっても嬉しいです♪

    千霧と呉羽も
    最初より良好な主従に←

    色んな謎を蒔きながら
    まだまだ続きます♪

    天倉千尋   2009/03/28 20:34