その日の夜は、何も手が付けられなかった。


夜ごはんもノドを通りそうになくて、わたしは自分の部屋にこもったまま…

ベッドにうずくまり、膝をかかえる。



…明日は、瀬戸くん以外の人から……小野くんに水泳を教わらなくちゃいけない。


本当はこんなこと、考える余裕もないくらい不安で、正直怖いけど


それは瀬戸くんが判断して決めたことだから、

わたしもわたしなりに精一杯がんばらなくちゃと思う。


でも何よりわたしは…わたしが本当は一番、心配しているのは


瀬戸くんが、もしかしてわたしを、わたしの事をその……

諦めてしまったんじゃないかって、そう思ったから。


そしてもし、もしもこのままずっと小野くんに水泳を教わる事になったら……。



「…っ…」


その先を考えるのが怖くて、わたしはとっさに布団を頭までかぶると、ギュッと目を強く押しつぶる。


…胸の痕が、やっぱりまだ痛い。


いつもなら毎晩枕元のすぐ傍に置いて、一緒に眠っていたはずのゴーグルも、今はここに無くて……


見えない明日に、ただただ不安を募らせながら


わたしは、眠れない一夜を過ごした。