ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月05日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生

    授業中、先生の背を見るのが、ただなんとなく好きだ。

    「いいか。ここ、凄く大事だからメモしとけよ」

    それは私がただ、先生を好きなだけ。

    叶わない恋だって、よく言われる。

    それでも、先生を見ると、やっぱり好きが止まらない。

    放課後、一人で悩むのは癖だ。誰もいなくなった教室で、呟く。

    「葉山先生って、彼女いるのかな……」

    「いねえよ」

    「そっ、か……っ!?」

    顔を上げると、そこには葉山先生。呆れたように笑う顔は、意外と優しい。

    「あ、あの、忘れてください……っ」

    先生はいたずらに笑って、無理、と囁く。

    「何のためにそうしてたと思う?」

    「えっ……?」

    「本当、鈍いよな」

    するりと先生の指が、私の髪に触れる。そして、先生は私の耳ギリギリにまで近寄る。

    先生の熱が伝わって、身体が火照る。

    「俺はお前だけしか見てねえよ」

    優しく唇を奪うあなたは、ずるい大人だ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    ホームルームが、終わり帰る寸前だったとき、幼なじみの零君が声をかけてきた。

    「ねぇ、最近俺に冷たくない?」

    「そんなことないよ!」

    私は、皆にいじられるのが嫌で少し話すのを控えていた。でも、それもすぐに気づかれてしまい...

    「皆に、いじられるのが嫌なの?」

    「う、うん...ごめんなさい。」

    「謝るのですむと思ってるの?」

    「どうやったら、許してくれる?」

    私は少し、怪しげに聞いてみた

    「なら...」
    ギュッ
    後ろからハグをされ顔が熱くなって、私は下を向いて顔を隠した

    「隠しても無駄...そんなに可愛いんだからもっとちゃんと見せてよ」

    「は、恥ずかしいよ...」

    そして、優しくそっと零くんの唇が重なった。

    「もうあんまり、可愛くしないで...」

    「っ!」

    「そんなこと言われるとますます好きになっちゃう」
    二人とも顔が赤くなりながらももう一度キスをかわした..

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ずっと好きだった相手は大好きな私の親友と付き合っています。
    「陽菜…大丈夫。俺がいるよ…」
    そう言っていつも頭をなでてくれる。
    「先輩…私、先輩のこと好きになりたい」
    こんなに優しい2個上の先輩。
    もうすぐ先輩は卒業する。
    「俺は陽菜が好きだよ…」
    ずっと私のことを好きでいてくれる先輩。
    無神経なのはわかってるけどつい頼ってしまう。
    先輩だけが唯一ずっとそばにいてくれたから。
    それでも…
    「私はあいつのことが好き…だから…」
    「俺だって陽菜が好きなことは辞められないから、本気で好きじゃなきゃ恋の相談になんて乗らないよ」
    「先輩…」
    「だから、そろそろ俺のことだけ見てくれない?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

砂の鎖 (春日 ココ。/著)

  • 坂野真夢様

    こんばんは!
    わわっ!!お忙しいだろう時期にありがとうございます(>_<)

    わぁ!風景が見えると仰っていただき……すごく嬉しいです!!
    全然遠く及ばないとは思っていますが……目標は色が見える文章を書きたいな……なんて……目標は高く(笑)

    亜澄さんがだいぶツンデレで一人称なのに主人公の気持ちが表現しにくくて悩んでました(^^;
    特に最後の最後まで地の文ですら素直になってはくれないのですが……
    そこをくみ取って頂けていたなら本当に嬉しいです!

    レビューもとっても嬉しかったです(>_<)
    レビューのお礼……サイトの方でさせて頂いています……
    覗いて頂けたらすごく嬉しいです……
    本当にありがとうございます!

    春日 ココ。   2015/04/29 00:37

  • おはようございます(^^)

    週末で読みましたー。
    ココさんは描写が丁寧で、凄く風景の見える文章だなあって思います。

    心理描写も繊細。
    ツンデレあずの気持ちが、凄く伝わってきて、
    最後の方は痛いくらいでした。

    そういうのを伝えたかったのに下手なレビューしか書けませんでした(笑)

    楽しませてもらいました。ありがとうございます。

    坂野真夢   2015/04/27 08:37

  • ゆんたった様

    こんばんは!いえ。多分おはようございます。
    少しさぼってしまって……やっとお返事ができます。
    こちらにもありがとうございます(*^^*)

    「感情ではなく理性で……」大人になるとそういう側面もありますよね(^^;
    感情だけでは現実やっていけないとか……

    でも今回の主人公は高校生なので!
    大人主人公だったら「条件も大事だよね!」とか私書いちゃいそうですね(笑)

    真人にもありがとうございます*
    実はちょっぴり私の想定とは違う感じのキャラになりましたが……(^^;

    あと少しでラストなので頑張ります。

    春日 ココ。   2015/04/21 00:25

  • おはようございます(^^)
    こちらの小説もようやく追いつく事が出来ました。

    実は「感情ではなく、理性の部分でそう思っていた……」の一文に凄くドキッとしました。
    そして真人はやはりココさんの生み出したキャラでした←今の真人の方が好き☆

    これからも楽しみにしています♪

    ゆんたった   2015/04/19 05:46

  • 岡様

    コメントありがとうございます!
    大変失礼いたしました!
    ご指摘頂いた中で気が付いた部分は修正しましたが、とりあえず慌てて直しましたのでまだ直りきってないところがあるかも……今夜にでももう一度じっくり修正します。
    100ページ以上も読んで頂いているのに大事なところで踏み外させてしまってすみません。
    教えて頂きありがとうございます!
    とても助かりました。
    私自身気をつけるのは勿論ですが、お気づきの事があればお手数ですが、また教えて頂けたら嬉しいです。
    本当にありがとうございました。

    春日 ココ。   2015/04/13 10:40