ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 髪クシャ

    「あーもー!泣くなって。」

    そんな事言われても1度壊れてしまった涙腺はそう簡単に修理できない。

    「ううっ…。イケメンハイスペックさんにはわかんないよ!失恋する痛みなんて…!ううっ…!」

    こんなこと言いたいわけじゃない。でも勝手に口が動くのだ。


    「分かるさ。だって今まで、失恋してんだからさ。」


    「え?」

    驚きすぎて涙なんて止まった。好きな人がいたなんて聞いたこともなかった。


    「俺の好きなやつ、今日失恋したんだって。だから泣いてる今、カッコイイところ見せて俺に惚れてもらおうかなって!」


    それって…。


    彼の顔はいつもの余裕に満ちた顔ではなく、真っ赤に染まっていて、明後日を向いていた。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 同居【お題】
    • 告白

    「神崎さん、俺と付き合ってください!」

    私には恋人がいるの、湊川先生以外は眼中に無いの。

    「ごめんな…「神崎!」

    ん??


    断ろうとした瞬間、私の名前を大きく呼ぶ愛しい声。


    「悪いが、神崎と話があるんだ。
    外してくれるか?」

    先生の言葉通り校門の方へと帰る男子生徒。

    「湊川せんっ……っ…」

    !先生の激しいキスに困惑する私は先生の胸を叩くけどちっとも止める気配がしない。


    「せんっ…せい…っ…!」

    「黙ってろ」


    キスが2分ぐらい続いて、ようやく解放された。


    「南、まだ先の話だけど。
    南が高校卒業したら一緒に住もうか」


    「え?」

    いきなりの出来事に頭が追いつかない。

    「南が他の男に告られてんのもう見てらんねぇから。
    返事はいつでもいい」


    「や……いやっ!
    一緒に住みたい!!」


    この時の先生の嫉妬に可愛いと思ったのは内緒の話。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 頭ぽんぽん

    『いったぁ...』

    う...保健室行こっかな?
    只今、生理で2日目なのです。
    てか、保健室遠すぎ。私のクラスは4階で保健室は1階。死ぬ...

    『わっ!』

    落ちるっ!

    「っと、」

    落ち...なかった?

    「大丈夫か?」
    『琉(りゅう)?ありがと』
    「そんなフラフラしてどこ行くんだよ」
    『あ、保健室に...』
    「危ねえな、ほら」
    『わっ!っぁ...』

    姫抱きされて...

    「騒ぐな、痛いんだろ。」
    『なんで...』
    「何年一緒にいると思ってんだよ。生理痛かなんかだろ?」
    『言わないでよ!恥ずかしい...』
    「ほら、保健室。寝てろよ」

    ポンポン...

    『あ、ありがと//』
    「先生呼んでくるから」
    『ねぇ、もう少し傍に...いて、欲しい...//』
    「ん//」

    そう言って袖を掴んだら、手を握ってくれた。
    お腹の痛さに顔をしかめると、強く握り返してくれる琉のことが...私は...

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ユキの果て (ひい。/著)

あたしの〝希望〟を探している。

  • モナちゃん*

    安定の返事の遅さでほんっまにごめんな!!!申し訳ないですうああ!!!!
    タイトル褒めてもらえてとっても嬉しい!
    モナちゃんだから、嬉しさもひとしおだよーっ。

    切ないの代名詞とか、すごく幸せです。
    描写はいつも気にしてるから、そんな風に言ってもらえてありがたい!

    浸ってくれて嬉しいよー!
    投げつけるシーンのあたりは私も特に気に入ってるんだ。
    えへへ楽しかったーっ。

    ひいい、私の身には余る言葉や……っ!
    モナちゃんのお話が大好きだから、そんな風に言ってもらえてどうしよう。
    もうもう涙出るわ。

    わ、かさぶたも気にしてくれてたんやね。
    感謝感謝!
    行く行く詐欺をそろそろやめたいので今度こそモナちゃんのところにお邪魔させてね!

    素敵な感想ありがとうー!♡

    ひい。   2015/03/15 18:19

  • 完結おめでとう〜!

    ようやく読むことが出来てホッとしています( ; ; ) 本棚に入ったままなのが申し訳なくて、同時にとっても魅力あるタイトルに、いつも目を惹かれてたよ*


    時間ができ、手にとって読んだ瞬間一気に止まらなくなって、最後まであっという間だったヽ(;▽;)ノ


    結晶ちゃんを想うヒカリと、ユキを忘れられない結晶ちゃん。切ないの代名詞すぎる作品だったね。


    どの描写も上手くて、切なくって、でも愛おしくて、心に伝わるこの気持ちは雨音の語彙力では表せそうにありません( ; ; )


    ただひたすらこの世界に浸ってたよ。
    本当にそれだけだった。でもそれがあまりにも心地よくて、終わってほしくなかった。とくに最後。


    チョコを投げつけて、好きだと叫んで想いを確かめ合うシーンからもう瞬きさえ惜しげだったよ〜( ; ; )


    ひいちゃんの作品はさすがです*

    切ないものを書くのがピカイチ!
    だからこれだけ安心して、全てを委ねてもいいと思えるほどリラックスして読めるのかな〜。


    執筆お疲れ様でした!
    新作の「かさぶた」も楽しみにさせてもらってるよ〜ヽ(;▽;)ノ

    雨音モナ   2015/02/22 15:56

  • かなさん*

    うわわ、かなさんー!
    間違い探しだけでなく!
    ユキの果てまで好きなんてありがたいです……しかも感想まで!

    お話で、フィクションで。
    だけど、その中でできるだけリアルなところを感じられると素敵だよなぁと思っているのでそうなのかなぁ。
    そうだったら嬉しいなぁ。
    でも、似てるキャラたくさんなのでまだまだ愛と表現力が足りてませんけどねっ。笑

    うっかり泣きかけて!
    その言葉に私の方がびっくりです!
    結晶ちゃんは自分から動けなくなっていましたが最後にはちゃんと動けてお母ちゃんも安心。
    好いてもらえてとっても幸せ(*ˊᵕˋ*)

    委員長の言葉、ちょっとクサいかなーとも思ったんですけどね。
    素敵な言葉だと、響いたと言っていただけてほくほくしております。

    こちらこそ、素敵な感想ありがとうございました♡

    ひい。   2015/02/20 21:46

  • あきちゃん* レビューお礼

    ぶっきらぼうだけど、優しくて。
    あの人とは違うけど……優しくて。
    その言葉がびっくりするくらい大好きで、びびびってきました。
    ユキとは違うのに優しいと、愛しいと思っていく結晶の気持ちを拾ってもらえて嬉しいよー。

    この作品で色づいていくという言葉が出るあきちゃんがとても好きだ。大好き。

    スノーボールのシーンは私もお気に入り!
    可愛くできなくて、でも周りから見ればとっても可愛い女の子の姿だよね。
    あきちゃんにもそこを好いてもらえて幸せです(*'ω`*)

    バレンタインにぴったりとの言葉、めっちゃ感謝ーっ。

    素敵なレビュー、ありがとう♡

    ひい。   2015/02/20 21:35

  • きもりちゃん* レビューお礼

    悲しい気持ちは恋人だった人にしか感じられない。
    この一言に胸がぐわぁっときました。
    そう、そうなんだよね。
    だから、結晶ちゃんは誰かに言うことははばかられて、でも苦しくて。
    ヒカリはそんな結晶ちゃんをどうにかしてあげたかったのです。
    そんなふたりのこと、本当にきもりちゃんはめっちゃわかってくれてて嬉しいよー!

    ユキ色、読んでくれてたんだよね。
    それを聞いた時、めっちゃ嬉しかった!昇天するってなった!
    一緒に失恋……なんてそんなに心を寄せてくれてたんだね。ありがとう。
    ヒカリは私の作品の中でも内面もイケメンな奴なのでその言葉もにまにましちゃいます。

    メッセージ性の強いとのお言葉もほんま感謝感謝です!

    素敵なレビューありがとう♡
    また私も今度お邪魔させて下さい……!

    ひい。   2015/02/20 21:17