ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室

    「はぁ……」

    「溜息ついたら幸せ逃げるぞ」

    隣の席の柳が頬杖を付きながらそう云った。

    「我慢する方が身体に悪いわ…」

    私は机に腕を伸ばして、そのまま顔を伏せた。

    「何かあったなら聞くけど?」

    「聞いてくれる?!」

    その言葉に私はガバッと顔を上げた。

    「最近売れてる芸能人!男性なのに女顔で、凄く綺麗な顔してるの!!もう憧れの顔よ…あんな顔になりたかったと思ったら最後…自分の顔が辛い」

    言ってて悲しくなってきた…
    自分の見た目に自信無いもん、可愛くないしスタイルも良くない

    「はぁ〜…なんだ、そんな事?」

    柳が深い溜息を付きながら頭を掻いた。

    「いや、そんな事じゃないよ?!重要だからね!こんな醜女じゃ、恋人出来ない」

    駄目だ、泣きそう…

    「そう?」

    急にほわっと両頬が温かくなった。
    柳が私の頬を挟んで自分の方へ向けたからだ。


    「可愛いじゃん。俺は好きだけど?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 屋上

    バタンッ


    『今日の空は綺麗だな〜!』


    私は“空”が好き。


    嫌なことを全て忘れられるから。


    『よし、描こっと』


    カリカリ


    私は絵が好き。だから美術部に入っている。


    でも描くのは空だけ。


    見る度に表情が違うから全然飽きない。


    1番好きなのは夕方の空。


    理由は…


    バタンッ


    「遥華ー!!」


    大好きな君に、会えるから。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中

    「妃奈ちゃん。どっかわかんないとこある?」



    『うーん。あっ、ここ出来ないです…。』



    「あ〜。ここね。僕もあんまり上手く出来ないけど」



    •*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪



    「多分こんな感じだと思う!出来る?」



    『多分出来ます。』



    「良かったー。」



    『ありがとうございます。助かりました!』



    「いえいえ。先輩だし!あっ。でも…」



    ナデナデ


    『!!?』



    『えっ!?どうし「妃奈ちゃん。」…はい。』



    「妃奈ちゃん大丈夫だから。もっと周りを頼って」



    『え?……でもっ「…いいから」』



    『…分かりました。』



    「よしっ」



    「そろそろ戻ろっか!」



    『あっ。はい。先輩は先に戻ってて下さい。』



    「分かった。じゃあまた後で!」



    ガラガラ



    『……~っ!!!』



    『はぁ…。顔があつい…。』

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

思い出レストラン-ホットミルクの隠し味- (ひい。/著)

隠し味は、涙の思い出。

  • ゆづか♪

    あったかいって言って貰えて嬉しいーっ。
    そんなはずじゃなかったんやけどね、気がついたら相手がお兄ちゃんでした。

    うさぎさんのホットミルク……ではなく、あれはお兄ちゃんのホットミルクです!(細かい)
    この設定はお気に入りやから、ゆづかにそう言われるとにまにましちゃう。笑

    北海道めっちゃご飯美味しかったー!
    食い倒れ万歳!!

    ゆづかの『だいち、』まだ読めてないけどファンメ見てあああ!ってなったよう。また読みに行くね。
    素敵な感想ありがとーう!♡

    ひい。   2014/10/06 22:27

  • なのさん♪

    こんばんはー!
    先日はツイッターでありがとうございました!!

    心がポカポカ。
    うわぁ、すごく嬉しいですっ。


    ♪レビューお礼

    ファンタジーのような、そうじゃないような。
    そんな曖昧な店のお話だったので、まさにその通り!ってなりましたー。笑
    このよくわからん感じを味があると言っていただけてよかったです。


    『プラネタリウム』の作者さんとこうしてお話できて嬉しかったです。
    様づけされるのは苦手なので、またツイッターで気軽に呼んでいただけたらと思います(*'ω`*)
    私の作品の方はどうか無理はなさらず。
    機会があればまたなのさんのところにもお邪魔させて下さい!
    素敵な感想とレビューありがとうございました!♡

    ひい。   2014/10/06 22:20

  • 碧依ちゃん♪

    こんばんはー!
    そうです。うさぎいい奴です。笑
    会ったらきっと無愛想だとは思いますが、その時はよろしくお願いします。←

    そういう考えもあるのですよー。
    私は少なくともそう感じていたら、笑顔でいられるなぁと思うので!

    温かい気持ちで!
    うわー、嬉しい!よかったー!

    こちらこそ、素敵な感想ありがとうございました♡

    ひい。   2014/10/06 22:13

  • かなみちゃん♪

    かなみちゃんー!
    いつもほんまありがとうー!
    あの時まだ完結ボタン押してなかったけどね、ちゃんと完結してたよ。
    ごめんね。笑

    素敵とか嬉しいなー。
    私も行ってみたい……というか私が行きたいからできたんだけどね。
    かなみちゃんにもそう思って貰えてよかった!

    思い出レストランシリーズは切ないけど最後はあったかいをモットーにしてたからほんまわっしょい*\(^o^)/*←

    ホットミルク!私も飲みたい!
    美味しい牛乳飲んできたけどあったかくなかった!畜生

    かなみちゃんの応援のおかげで私は楽しく書いていられるよ!
    かなみちゃんも執筆活動復帰するみたいやし、お互い頑張ろね!
    ではでは、素敵な感想ありがとうございましたっ♡

    ひい。   2014/10/06 22:06

  • うあああああああ読んだよ!!

    なんかすごい、あったかいお話でした。
    兄に恋しちゃったんやね...。

    うさぎさんのホットミルク、飲んでみたいww
    設定もすごい好きやったよ!曖昧な感じが良きでございました先輩...(しみじみ)

    執筆お疲れ様!北海道羨ましい!!!!行きたい!!!!

    ゆづか   2014/09/30 17:48