ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】

    私の彼氏はモデルをしている

    「キャー!この雑誌もこっちの雑誌も超かっこいい!」

    私はそんな君を心から尊敬し応援している
    だから君が写っている雑誌は絶対に買う
    君は全部買わなくてもってゆうけど
    違うんだ。応援もしてるけどただ純粋に
    私が知らない君がいるのが嫌なだけ

    『そんなにかっこいい?』

    隣から聞こえてくる大好きな声に全力で返事する

    「もちろん!!!こことか何この可愛い笑顔!かっこよくて可愛いとか何!」

    『そっか、喜んでくれて嬉しいありがとう』

    そうやって素直に言葉に表す君も好き

    『でも、』
    そう言って君は私が持っていた雑誌を取り上げて



    『どーせなら雑誌じゃなくて直接見て言ってよ』


    頑張っている君も好きだけど
    そうやって私にだけ見せてくれる笑顔が
    照れた顔が拗ねた顔が1番好きだよ

    ...なんて君には内緒

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 登校中
    • 告白

    「昨日の爆笑大会見てくれた?」
    隣を歩く幼なじみが私にそう聞いてきた。
    「見た見た。面白かったね」
    私は携帯を見つつ答える。
    「えーその反応本当に見てくれた?」
    彼は疑いを目線で訴えてくる。
    「だから見たって面白かったって」
    「具体的にどこら辺が」
    “ほら来た”私は心の中でそっと呟く。
    今までの会話から分かるかもしれないが私の幼なじみはこんな見た目だが実はお笑い芸人である。
    彼はネタの感想をことあるごとにに私に求めてくる。
    「私じゃなくて他の人にも聞けばいいのに」
    「俺的にはオチがいまいちな気がして」
    「って聞かんかい」

    「それじゃあ駄目なんやって」

    彼は歩みを止め

    「初めの感想は一番笑かしたい大事な人に聞いて貰いたいやん」

    ニカッと笑ってそう言ってきた
    言われてまもなく顔が赤くなる。

    「朝から何言ってるん」

    「ん~告白?」

    「――っ方言戻ってるで」

    「そっちも戻っとるで」

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 教室

    「カリナ!なんだよ、今日の雑誌!」

    「あ!見てくれた?結構可愛い……く」

    昼休み雑誌を片手に走ってきたのは彼氏の瀬名。

    周りに皆がいるのに気にせず私を強く抱きしめる。

    「まじむかつく。お前のこと応援したいのに…こんな布の少ない服装反則だろ。他の男が盛ったらどうすんだよ」

    「ご、ごめん…?」

    「ボタン上までを閉めろ。スカートせめて膝まで下ろせ。赤いリップなんかつけんじゃねーよ」

    そう言って瀬名は目を合わせた瞬間、強引に深い口づけをする。

    皆の黄色い声が聞こえるのに、瀬名の口づけで頭が回らない。

    「…ちゅっ…はっ。俺を妬かせた罰だ、ばーか」

    リップで染まった唇を親指で拭う。

    「瀬名こそこんなとこで色気出さないでよ」

    「なんだ、嫉妬か?」

    「嫉妬だ、ばーか」

    そんなことを呟けば瀬名は嬉しそうに笑った。












    「お前以外眼中に入ってねぇーよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

思い出レストラン-ホットミルクの隠し味- (ひい。/著)

隠し味は、涙の思い出。

  • ゆづか♪

    あったかいって言って貰えて嬉しいーっ。
    そんなはずじゃなかったんやけどね、気がついたら相手がお兄ちゃんでした。

    うさぎさんのホットミルク……ではなく、あれはお兄ちゃんのホットミルクです!(細かい)
    この設定はお気に入りやから、ゆづかにそう言われるとにまにましちゃう。笑

    北海道めっちゃご飯美味しかったー!
    食い倒れ万歳!!

    ゆづかの『だいち、』まだ読めてないけどファンメ見てあああ!ってなったよう。また読みに行くね。
    素敵な感想ありがとーう!♡

    ひい。   2014/10/06 22:27

  • なのさん♪

    こんばんはー!
    先日はツイッターでありがとうございました!!

    心がポカポカ。
    うわぁ、すごく嬉しいですっ。


    ♪レビューお礼

    ファンタジーのような、そうじゃないような。
    そんな曖昧な店のお話だったので、まさにその通り!ってなりましたー。笑
    このよくわからん感じを味があると言っていただけてよかったです。


    『プラネタリウム』の作者さんとこうしてお話できて嬉しかったです。
    様づけされるのは苦手なので、またツイッターで気軽に呼んでいただけたらと思います(*'ω`*)
    私の作品の方はどうか無理はなさらず。
    機会があればまたなのさんのところにもお邪魔させて下さい!
    素敵な感想とレビューありがとうございました!♡

    ひい。   2014/10/06 22:20

  • 碧依ちゃん♪

    こんばんはー!
    そうです。うさぎいい奴です。笑
    会ったらきっと無愛想だとは思いますが、その時はよろしくお願いします。←

    そういう考えもあるのですよー。
    私は少なくともそう感じていたら、笑顔でいられるなぁと思うので!

    温かい気持ちで!
    うわー、嬉しい!よかったー!

    こちらこそ、素敵な感想ありがとうございました♡

    ひい。   2014/10/06 22:13

  • かなみちゃん♪

    かなみちゃんー!
    いつもほんまありがとうー!
    あの時まだ完結ボタン押してなかったけどね、ちゃんと完結してたよ。
    ごめんね。笑

    素敵とか嬉しいなー。
    私も行ってみたい……というか私が行きたいからできたんだけどね。
    かなみちゃんにもそう思って貰えてよかった!

    思い出レストランシリーズは切ないけど最後はあったかいをモットーにしてたからほんまわっしょい*\(^o^)/*←

    ホットミルク!私も飲みたい!
    美味しい牛乳飲んできたけどあったかくなかった!畜生

    かなみちゃんの応援のおかげで私は楽しく書いていられるよ!
    かなみちゃんも執筆活動復帰するみたいやし、お互い頑張ろね!
    ではでは、素敵な感想ありがとうございましたっ♡

    ひい。   2014/10/06 22:06

  • うあああああああ読んだよ!!

    なんかすごい、あったかいお話でした。
    兄に恋しちゃったんやね...。

    うさぎさんのホットミルク、飲んでみたいww
    設定もすごい好きやったよ!曖昧な感じが良きでございました先輩...(しみじみ)

    執筆お疲れ様!北海道羨ましい!!!!行きたい!!!!

    ゆづか   2014/09/30 17:48