ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    彼女はいつも偽りの表情を浮かべる

    表情が乏しい

    そう言ってしまえば簡単だ

    「関係ないから。」

    そう突き放す言葉を放ち、人を寄せつけない

    でもその言葉に傷つき、悲しんでいるのはキミ自身だ

    自ら孤独を選ぶキミは、俺にはいつも孤独に怯え、苦しんでいるように見えた

    「俺は、夏音を一人になんてさせない。」

    俺の言葉に戸惑い、少しだけ安心したかのような顔をするキミは、俺にしてみれば誰よりも感情豊かだ

    うっすら涙を浮かべたキミは、強がりなのか涙を見せまいと俺に背を向ける

    ゆっくりキミに近づき、震える肩を包み込むように腕を回す

    抱きしめずにはいられなかった

    「責任…とりなさいよ…。」
    「俺は嘘はつかないよ。」

    その後2人は向き合い、キミは本物の笑顔で俺に微笑んだ…

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    ねぇ、ヒデ…好きな人いる?

    んーいるといえばいるし、いないといえばいないかなぁ…ユキちゃんは?

    あたしは、いるよ!

    ちょっと待って、それ困る…あっ!

    えっ!何で!何で!

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 腰グイ

    「調子はどう?」
    「海堂先輩」
    「入学式だよ?緊張しているの?」
    「実は」

    新一年の美友は彼をじっと見た。

    「私の髪型どうですか?」
    「普通に可愛いよ」
    「先輩女子に目をつけられて体育館裏に呼び出しされないですか?」
    「それは……」

    ここで彼はバチンとウインクをした。

    「問題ないよ」
    「良かった!」
    「しかしね」


    美友は可愛ので意地悪されるかもと海棠は言った。

    「いいかい?呼び出しされても行くんじゃないよ」
    「でも、ひどい目に」
    「大丈夫。俺に相談してよ。なんでも助けるから」

    すると美友は真顔で海棠に向かった。

    「あの、そういう特別扱いの方が問題だと思うんですけど」
    「俺のせい?」
    「はい、だって先輩かっこいいから」
    「美友ちゃん……」

    海棠は彼女を抱きしめた。

    「俺の彼女って事にしよ」
    「ダメですよ。本当に好きな人を彼女に、あ?」

    抱きしめる海棠は微笑んでいた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

恋ごころトルク (蒼山 螢/著)

ブンブンブブブン

  • >>夢幻キリコさま

    感想とレビューありがとうございました。
    「読んで良かった」と思っていただけて、本当にそれだけで書いて良かったと心から思います。

    活発で明るい女の子のイメージ、根っこ設定はそうですね。
    なんていうか天然の真っ直ぐさというか、計算してないけど明るくて魅力的な女の子っていますよね。男性が知らずと惹かれてしまうっていうか。そういうのを描きたくて。きっと、女性から見たらどうなんだろう、自分はこうしないかもって思われるかもしれまえんね。

    そうかー。憧れの彼がいたら店に行って話しかけたりしますね(笑
    バイクのお話を書きたくて「好きな彼がいる→バイク乗り→免許!」ってなったんですけれど。

    光太郎とツーリングシーン、番外編でもいいかもしれませんね。
    本編は想像にお任せということで……。

    バイクのことメインで書くと恋愛ものではなくて職業ものになってしまいそうで(笑)
    すこし前まで、ラストはちょっと違っていました。書き直しをしたんです。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    蒼山 螢   2015/11/18 15:36

  • 【レビューお礼】銀マム さま

    読んでいただき、ありがとうございました。
    バイクに乗りたくて、勢いで免許を取りに行ったこの感動を伝えたくて(笑)
    それと恋愛をからめて書いたらこんな感じになりました。
    お楽しみいただけたでしょうか。

    胸きゅん、ドキドキって求めていても、書くのは難しいですね。

    銀マムさまの心に残れば嬉しいです。
    ありがとうございました。

    蒼山 螢   2015/04/14 17:26

  • >ひらび久美さま

    はじめまして。
    感想ありがとうございます。

    女でも男でも、真っ直ぐな人って好印象ですよね。
    ちょっとスレていた光太郎を胸きゅんさせたと思いたいです(笑

    旦那様とツーリングに行かれる職場の先輩、うらやましいです。

    バイク、気を付けて乗らないといけませんが、楽しい乗り物です。
    プロテクターとヘルメット絶対着用で。

    真白と光太郎、ふたり並んで走ってるでしょうかね。
    楽しいんだろうな。
    あたしも楽しく想像してしまいました(笑)

    ありがとうございました。

    蒼山 螢   2015/02/05 16:25

  • はじめまして。

    真白ちゃん、気持ちいいくらいまっすぐな心の持ち主でしたね。
    そのまっすぐさが光太郎さんの心に響いたんでしょうね(なんて
    勝手に想像していますが……)


    以前、職場の先輩にだんなさんとツーリングに行っていると
    聞いて、自動二輪に憧れたことがあるのですが、
    小心者(恐がり?)なので、諦めました(笑)。

    真白ちゃんは無事免許も取れて、これからきっと光太郎さんと
    二人で人生を積み重ねていくんでしょうね。
    明るい終わり方で本当に良かったです。

    ステキなお話をありがとうございました。

    ひらび久美   2015/02/01 22:01

  • 【レビューお礼】沖田 円さま

    お返事が遅くなってしまいました!
    読んでいただきありがとうございます。

    真白のこと、好きになってくださって…嬉しい…うっうっ

    なんか、これは個人的な思い入れだったんですけれど、真白と光太郎、それぞれとても幸せになって貰いたくて。お話の方向はちょっと変わっていったかもしれません。
    (もっとドロドロになるはずでした)

    バイクにまたがる姿が格好良いから「あたしもバイクに乗りたい!」なんて、動機が不純かもしれませんが、あたし自身がそうだったので(笑)

    なにごとも、好きになるのに理由なんていらないですよね。(キリッ)

    バイクの話、せっかくだからまた書きたいです。

    すてきなレビュー、ありがとうございました!

    蒼山 螢   2014/11/14 17:29