ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室
    • 告白

    「あ、背中に虫」
    悲鳴をあげた私を笑う。
    大好きな隣の席のアイツは嘘つき。

    「パンツ見えてんぞ」
    慌てる私。階段の下で彼がニヤリとして、
    「嘘だよ、ばーか。お前のパンツなんて誰も見たくねえし」
    もう大嫌い、なんて大騒ぎしていると、「いちゃつくな」と彼の友達がからかう。
    「お前あの子を好きだろ」
    そう言われた彼より、私の方がドキドキした。
    「は?あんな奴好きじゃねえ」
    本当かよ、と盛り上がる男子達を尻目に、私は本気でショックを受けていた。
    皆泣きだした私に驚く。
    「あ、おい」
    恥ずかしくてそこから逃げ出した。

    「待てよ」
    息を切らせて追いついた彼が、私の腕を掴む。
    「お前、なんでいつも俺の嘘は見抜けないの?」
    目を見開くと、彼が言った。
    「ごめん。でも、好きじゃなきゃこんなに構うわけないじゃん…」
    私も好きだった、と泣きながら言う私に、アイツは「俺はお前の嘘なんてお見通しだよ」と笑った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 駅前

    奈々は、幼なじみで中学まで一緒に登下校をしていた。
    高校は、別々になってしまったが、1か月前の奈々の誕生日にやっとの思いで告白して、付き合えることになった。
    今日は、『付き合って1か月記念日だね!デートしよっ!』と奈々が誘ってきた。
    それなのに、HRが終わってから先生に雑用を頼まれ現在、集合5分前。
    「はぁ、はぁ、居たっ。」
    駅前の噴水の前にいる、奈々を見つけ息を整え声をかけようと近づく。それなのに、目の前まで来ても俺に気づかない。
    スマホ見ながら、嬉しそうにしてるし…
    「奈々っ。」
    俺に気付いて欲しくて、腕を引っ張った。
    手を引っ張った時に見えた画面、、1か月前に告白し日に2人で撮った写真だった。
    その写真見て、嬉しそうだったの…
    『あ、漣!来てたんだ。』
    「うん、遅くなってごめん」
    『全然、大丈夫!』
    上目遣いで俺を見上げてきて、デートを楽しみにしてくれてたんだと思えた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 屋上

    「手を挙げろ!!お前はもう包囲されている!」


    昼休みの屋上、私は唐突に彼氏である先輩へ手で作った拳銃を向ける。


    「なんだ?ガキ戻りか?」



    「うっ…だ、黙って手を挙げろー!」


    私の奇行に戸惑いながらも手を挙げてくれる優しい先輩。


    私は意を決して先輩の背中に手を回してギューっと抱きついた。


    「は…?!」


    普段、恥ずかしがって自分からできないハグ。今日は素直になってみた。


    「先輩、大好き…ですっ…!」


    ああ、言えた。
    先輩はどんな反応なの?怖くて顔が見れないでいると、急にギューっと抱き返された。


    「…俺の彼女、可愛すぎ…っ…!」


    先輩は腕の力を緩めないまま、私の耳元でこう囁いた。



    「俺は愛してるよ…。」


    普段、好きを言葉にしない先輩。
    ああ、たまには勇気出してみよっかな!



    今日も私は貴方のおかげで幸せです。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

素敵な勘違い 〜負け組同士のラブバトル〜 (秋風月/著)

一言でもご感想をいただけると嬉しいです。必ずお返事します。

  • そうですか!
    ありがとうございます。
    (^_^;)

    秋風月   2014/07/28 14:58

  • あ!
    大丈夫です´艸`


    自分の妄想で満足してますから


    オフィスだろうと学園モノだろうと新作も楽しみにお待ちしてますよ
    ι(`ロ´)ノ☆

    阿川   2014/07/28 14:25

  • 阿川さん、こんにちは。

    和馬の兄については、敢えて名前を付けませんでした。阿川さんが妄想を膨らませにくいように、だったのですが、やはり妄想されましたか?
    (^_^;)

    私自身、曽根崎はそうでもないのですが、裕子と和馬兄については妄想しまくりでした。間違いなくドロドロした愛憎絡みのドラマがあるはずです。

    でも、書けません。書けと言われても書けませんので。私には無理です。
    (^_^;)

    次回作については、ざっくりした構想はあるのですが、どう肉付けするかで悩んでいます。私にとっても学生時代は遥か昔の事なので、その意味で難しいです。

    安易にオフィスものに逃げてしまうかもしれませんが、その時はどうかご容赦いただきたいかと……

    秋風月   2014/07/28 12:58


  • 曽根崎、裕子投入でややこしさを…!!との事でしたが。

    おっしゃる通り長編になりそうなので、コレで良かったと思います。

    ただ…妄想族妄想子の私の頭の中で…曽根崎編、裕子・和馬兄編の2つが出来上がってしまい(笑)
    完結後もニヤニヤ妄想で楽しんでしまう弊害が●`ε´●


    次回作は学園モノ…との事。
    私が忘れてしまった清き(笑)青春時代の胸キュン楽しみにお待ちしてます´艸`

    阿川   2014/07/28 09:40

  • 阿川さん、こんばんは。

    16ページの誤字もありがとうございます。早速なおしました。

    曽根崎係長を気に入られましたか?
    阿川さんって、もしかして人間臭いキャラがお好きなんですか?
    (^^;)

    真琴については、書いてる内に私がどんどん好きになり、最初と最後ではキャラが違ってしまったかもしれません。

    真琴と和馬が似た者同士というご指摘は私としてはとても有りがたいです。正にそういう設定のつもりでしたので。
    二人ともあまり恵まれた過去を持たず、いわゆる負け組。それゆえに自分に自信が持てないけれども、実際はよいところも色々あって……みたいな。その辺りをうまく表現できていないと思っていたのですが、そうでもない、のかな?

    そんな二人なので、家が隣同士と言えども容易にくっつきそうもなく、仕方なくエアコンが壊れて……という強引なエピソードを冒頭に持って来ました。それはそれで私好みではあったのですが、後の展開を難しくしてしまったようです。だって、あの二人のキャラだと、単に“一夜の過ち”で済ませるはずないですからね。

    曽根崎や裕子を登場させ、少しはややこしくしようと試みましたが、それもあまりうまくは行かず、元々中編の予定だったので予定通りと言えばそれまでですが、ちょっと単調な作品になってしまった気がします。

    ご感想ありがとうございました。

    秋風月   2014/07/26 22:12