ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • 後ろからギュッ

    私は去年のバレンタインに振られた。
    振られたのは去年だけど少し未練があるなぁ。
    そんなことを考えながら、幼なじみの豹と帰っていた。すると豹が
    「紅羽、今年のバレンタイン誰かにやんの?」と聞いてきた。
    「ううん。今年は誰にもあげないよ。」と答えるとニヤニヤしながら
    「お前振られたもんな」と馬鹿にされた。そんなことを話しながら帰ると家の前で
    「明日バレンタインだな」そう言って豹は帰った。
    次の日いつも通り帰ってると急に立ち止まって豹に
    「お前やっぱ元彼引きずってんの?」
    と言われ、私は
    「うん。多分」っと答えながら歩いた。すると豹が後ろからだきついてきて
    「もう忘れろよ」と言って、チョコをくれた。
    私はびっくりして振り返った。すると豹が笑いながら
    「逆バレンタイン、俺がずっとそばに居てやるよ」と言ってチョコをくれた。
    私は照れながら
    「約束だよ」
    と言ってチョコを受け取った。

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「今日誰かにチョコ渡したりしました?」
    屋上での昼食中に、隣に座る後輩くんが急に顔を覗き込む

    おにぎりを頬張りながらボーッとしていた私は、突然現れた顔に驚きを隠せる訳もなく目を丸くしたままフリーズした

    「先輩、聞いてました?僕の話」

    おでこをくっつけながら「チョコ誰かにあげたんですか?」と問うてくる後輩くん

    「チョコ……?あ、今日バレンタイン……?」
    家の犬に似てるなー、後輩くん。と考えながらぼんやりと質問に質問で返す

    「やっぱり忘れてたんですね」
    呆れ混じりのため息とともに顔が離れていく

    キーンコーンカーンコーン

    「あ、先生に呼ばれてたんだった」
    またね、と髪を撫でくりまわして扉を開く。

    その時、「先輩」と呼ばれ、爽やかな香りに包まれた。

    驚いていると頬に柔らかな感触があたり、手に箱を渡される。

    扉が閉まる瞬間「ハッピーバレンタイン」と男の子の声が聞こえた気がした。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「北島先輩遅いなぁ。」
    放課後の教室は思った以上に静かだった。
    そんなことを思いながら待っていると北島先輩が
    「伊藤!遅れてごめん!」
    そう言って近づいてきた。
    私は
    「忙しいのにごめんなさい。あの伝えたいことがあって」
    と言うと
    「ん?どした?」と北島先輩が微笑んだ。
    私は勇気を振りしぼって言った。
    「あの。入学してからずっと好きでした。よかったらもらってください。」
    いざ告白すると照れて北島先輩が見れなくてうつむいていた。
    その時、北島先輩の手が私の頭の上を軽く跳ねた。そして顔を上げると北島先輩が…
    「俺も好きだ。チョコもお前からしかもらわねぇって思ってた。」
    私の顔を見てそう言った。






    放課後の教室は先輩と甘いチョコの匂いがした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

むげんはなび (ひい。/著)

朝顔浴衣に水色簪。夏目、君によく、似合っていた。

  • 桐谷真崎さん* レビューお礼

    はじめまして。
    お返事遅くなってすみませんっ。
    夏目さんと水谷の最後の夏のお話を見つけて下さりありがとうございます!

    読み終えた後、悲しくなってしまいましたか。
    すみません……。

    そうなんです。
    夏目さんの未練がそれで、そして水谷が自分を見つけてくれたから。
    叶えようと、叶えられると思えました。

    センス⁈ そんな素敵なものは持っていませんがそんな風に言っていただけて嬉しいです!うわー

    空白を使うのはケータイ小説ならではなので、いつも頑張っています*\(^o^)/*
    今回はいつも以上に表現を気にしていたので、本当に感謝です!
    私にはもったいないお言葉も本当たくさんいただいて!!

    夏目さんたちも桐谷さんに読んでいただけてきっと喜んでいます。
    こちらこそ、素敵なレビューありがとうございました!♡

    ひい。   2014/10/06 22:02

  • あやさん*

    まさかの初っ端に告白されてやだもうひいさん照れちゃう。←
    私も男の子目線好きです。らぶ。楽しい!

    甘くて切ないが書きたかったので、それはもう私の頑張りの成果ですね。
    うふふ、嬉しい(*'ω`*)

    あとがきに突っ込まれてたとは。笑笑
    詰めこんだかいがあるってものです。
    てか、え⁈ まさかの水谷の苗字が!笑笑
    身近な人の苗字出てくるとそわってしちゃいますよね。

    うわぁあああ華原くん!すごい久しぶり感!!
    元気かお前ーってナチュラルに言いそうになりましたよ!!!
    ふたりが対談してたらすごく楽しそうだな……落ちこんだり前向いたり忙しそう……。
    これはあれですね、大人になって酒飲んでて情緒不安定\(^o^)/みたいな
    夢が広がる広がる。

    ではでは、感想ありがとうございました♡

    ひい。   2014/09/19 22:40

  • 好きです、男の子視点。

    そして、繊細な表現満載で夏の情景が浮かぶ浮かぶ。
    さすがひいちゃん。

    でねでね!!
    いちゃいちゃしてるのに、夏目さんも楽しそうなのに。
    夏目さんの一緒にいたい宣言にキュンキュンしたし、水谷くんの素敵な告白にドキドキしたけど…
    読んでて、ずっとね、なんだか切なかったんです。
    その理由が、P22で判明して…

    (σ´Д`)σ・・・・…━━━━☆ズキューン!!

    線香花火と涙の表現素敵だわーとか思って油断してた。

    ひいちゃんのあとがきに「気付かなかったわ!!」と盛大に突っ込みましたよ。
    や、伏線とか微妙に気になってたから、水谷くんじゃないけど違和感はあったなぁ。
    つーか、水谷という苗字が私の昔の彼氏の苗字でちょっと引っかかりながら読んでたのはここだけの秘密。笑

    とにかく、悲しいけれど2人の想いが心に残るお話でした。
    あれだよ。
    水谷くんは、うちの華原と慰めあえばいいと思う。笑

    ではでは、See you!

    和泉あや   2014/09/19 10:01

  • みぃーぃちゃん*

    昨日まで文化祭だったので、お返事遅くなりました!ごめんなさい(´;д;`)

    衝撃。ありがたいお言葉です。
    甘い、柔らかい未来を想像していたら、余計に突き落とされたかなと思います。

    そうなんです。
    想いは確かに一瞬重なって。
    だけどその瞬間をふたりともが幸せだと言い合うことはできませんでした。

    余韻に!そう言って貰えて本当、嬉しいです(*'ω`*)
    わわわ、そんなすごい人ではありませんが!
    みぃーぃちゃんの優しさに私は涙が浮かびます。

    素敵な感想ありがとうございました!
    またお待ちしてますー♡

    ひい。   2014/09/14 19:04

  • ひいちゃん!!

    宣言通りに来ました!来ちゃいましたよ!


    いやー、衝撃…ですね、ラスト。
    読んでて「幸せそうだなぁ」とか、
    「どうやって付き合うのかなぁ」とか考えていたら、
    想いはもう成就することがないというまさかまさかの悲しい、悲しい結末。

    両想いなのに。お互いが想い合っているのに。
    切ないですね…。

    なんか、凄く余韻に浸りたくなる作品でした。
    うん、さすがひいちゃん!
    やっぱりひいちゃんのファンはやめられないね(o´罒`o)

    では、また!!

    岩戸 みい   2014/09/13 15:43