ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 登校中
    • 同居【お題】
    • 告白

    私は、憧れの先輩、神宮寺さんの事をいつも見てしまう。
    目の前を通る度に香るあのいい匂い。
    いつも先輩にはドキドキさせられる。
    先輩は私の事を覚えていないだろうけど、私は先輩のことをよく知っている。
    「先輩……」
    みんな、先輩のことが大好きでいつも見ている。……私もその1人である。
    「暁いる?」
    先輩が急に私の教室へと入ってきた。みんなの視線がものすごく冷たい。
    (なんであんな地味な子が先輩なんかと……!)
    私はこの場から逃げ出してしまいたい。
    だけど相手は神宮寺さん。ここで逃げたら一生が終わってしまう気がする。
    「なんですか?」
    と私が聞くと、
    「ちょっと…」
    と呼び出される。
    教室外から連れ出されたのは図書室で、なんなんだろうと思っていると、
    「あ、暁かなでさん…す、好きです!付き合ってください。」
    目の前の曇っていた私の空が一気に晴れた。
    「は、はい。よろしくお願いします…」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 教室
    • 告白

    内向的な自分から、新しい自分への生まれ変わりを決意した物語です。

    実際に作者の卒業文集に書いたものを基礎にした作品です。

    開く閉じる

    • 先生
    • 同居【お題】
    • 後ろからギュッ

    シャッ
    「寝てたの?」
    カーテンが開いて現れた先生の顔
    何故か先週から幼なじみでもあり先生でもある森永先生と同居中
    同居し始めてから私は毎日先生が帰れる時間になるまでこうして保健室で過ごしている
    なんでも1人で帰るのが危険だからとかなんとか先生が言っていた
    先生はすごくイケメンで生徒からも他の先生からも人気がある
    そんな中で昨日、先生のことが好きだと気づいてしまった
    気づいてからは上手く先生の顔が見れない
    「お仕事お疲れ様です、帰りましょう」
    グイッ
    「え?、センセ...んっ」
    キス、されてる
    「ごめん、嫌だよな?」
    そういう先生の瞳が切なく揺れた
    なんで...
    「泣いてるから」
    「え?」
    私の心の声聞こえた?
    すると今度は顔が赤くなった
    「どうせ俺はお前のことばっかり考えてるよ」
    それはつまりそういうことだよね?
    「なんだよ、文句でもあるのかよ」
    「先生大好き!」
    「俺もちょー好き」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ママと呼ばれたい ~素敵上司の悲しすぎる過去~ (秋風月/著)

一言でもご感想をいただけると嬉しいです。必ずお返事します。

  • エステル★さん

    こんばんは。

    とんでもありません。プレッシャーとは感じていないですよ?
    そのように受け取られそうな返信を書いてしまい、こちらこそすみませんでした。

    これからも、みなさまが少しでも楽しんでいただけるような作品を心掛けて書いて行きますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
    (^_^)

    秋風月   2014/06/18 17:29

  • 秋風月さん、こんにちは返信ありがとうございます。


    今回のその後の件では、秋風月さんに大変ご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。

    秋風月さんからの返信を読んで、自分の書き込みが返って秋風月さんにプレッシャーを与えてしまったのではないか…と深く反省してます。

    秋風月さん…。私の方こそ、あなたの気持ちを考えず軽率な書き込みをしてしまいました。本当にごめんなさい。



    一読者として、またいつか、素晴らしい作品が読める事を願っております。



    あと、この場をお借りして…。

    阿川さん

    返信ありがとうございます。あと、驚かせてすみませんでした。
    同じ事を考えていたので、こちらに書き込みした次第です。



    ご迷惑をおかけしますので、これ以上の書き込みは控えます。

    お邪魔しました。

    エステル★   2014/06/18 17:14

  • 阿川さん

    こんにちは。
    そう言っていただくと助かります。
    真琴纏わる話をあれこれ考えてはいるのですが、まだ執筆の神様は降りてきてくれません。
    (。-_-。)

    私が書く男の子は大体が涼のようなタイプなのですが、それでは被ってしまうし面白くない。斬新なキャラを、と考えると俄然ハードルが上がってしまいます。

    でも、そろそろ書きたい気持ちが湧いて来ていますので、近い内に考えつくだろうと思います。

    秋風月   2014/06/18 16:48


  • 秋風月さまι(`ロ´)ノ
    ファン読者(阿川の戯言)おねだりは…右から左に聞き流して、ひとまず休息してください。
    何かしらの話の神様が降りてきて、新作拝読出来るの楽しみにしてます。
    因みに山田家は…メインだと重すぎるのでお話を造り上げるのはかなり難しいので。よっぽどスペシャルで話の神様が降りて来ない限りは無理と理解してます。


    スミマセン場所お借りして…

    エステル★さま
    全然気にしてません。
    秋風月さま以外に、阿川の妄想・戯言を読まれている方がいたのに驚きましたが(笑)

    阿川   2014/06/18 16:03

  • エステル★さん

    はじめまして。こんばんは。

    阿川さんもですが、そこまで深くお読みいただいて、私としてはそれこそ恐縮してしまいます。
    もちろん軽い気持ちで書いてはおりませんが、お二人のご洞察を拝見すると、あるいはそうだったのかも、と思ってしまいます。

    そうですね、山田家の人々は大事な長女を失った上に、社会的にも精神的にも大きな罰を受けただろうと想像しますし、それを「反省した」の一言で済ませてしまったのは我ながら軽率と言うか、書き込み不足だったかなと思います。

    ですがその事をテーマに続編やサイドストーリーを書く事は私には出来かねます。そもそも続編を書くのはとても苦手ですし。
    ご不満かもしれませんが、どうかご容赦いただきたいと思います。

    ともあれ、この作品をそこまでしっかりお読みいただいた事をとても嬉しく思います。そして貴重なお時間を割いてご感想をお書きいただいた事に感謝いたします。

    ありがとうございました。

    秋風月   2014/06/17 23:12