ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 教室

    今日はバレンタインデー!ということで、私もチョコレートを作ってきました!

    「後輩くーん!おまたせおまたせ、私のチョコ待ってたんだよね?」

    「いえ、違います。早く部室の鍵開けてください」

    「ちょっとくらい待っててくれても良くない?!」

    ほんとに可愛くない後輩だな!来年は辛いチョコにしてやろうかなぁ。

    「はいコレ、美味しくなかったらごめんよ」

    「わざわざありがとうございます」

    「お返しは高級なお菓子でいいから!」

    「そこで要求するからモテないんですよ」

    「なんだと!」

    ふーんだ。別にモテなくたっていいもーん!…あれ、なんか涙出てきそう。






    「高級なお菓子は今ないんで、コレで我慢してください」

    「ん?なになにキャンディ?わぁ、かわいいありがとう!」

    「…いづれは気付いてもらいますからね」

    「え、何を?」

    (キャンディの意味を、ですよ)

    開く閉じる

    • 先生
    • VD2020【お題】
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    「こんな所に呼び出してごめん」



    いつも余裕な先生が顔を真っ赤にして照れていた。

    そんな彼の右手はなぜか後ろに隠されている。




    「先生、どうしたの?」




    「あのさ...これ、やる」



    そう言って先生が後ろから出したものは小さな紙袋。

    その中にはチョコと細長い箱。



    「先生、これなに?」



    「ん?バレンタインのチョコとネックレス」



    そう言われて箱を開けるとネックレスのハートのチャームの裏に”mine”と彫ってあった。




    「もうちょっとで卒業だから、ちゃんと卒業考査頑張れよ」



    そう言って私の頭をくしゃくしゃと撫でた先生は、顔が真っ赤になる私を見て満足そうにほほえんだ後、屋上を出ていった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • 後ろからギュッ

    私は去年のバレンタインに振られた。
    振られたのは去年だけど少し未練があるなぁ。
    そんなことを考えながら、幼なじみの豹と帰っていた。すると豹が
    「紅羽、今年のバレンタイン誰かにやんの?」と聞いてきた。
    「ううん。今年は誰にもあげないよ。」と答えるとニヤニヤしながら
    「お前振られたもんな」と馬鹿にされた。そんなことを話しながら帰ると家の前で
    「明日バレンタインだな」そう言って豹は帰った。
    次の日いつも通り帰ってると急に立ち止まって豹に
    「お前やっぱ元彼引きずってんの?」
    と言われ、私は
    「うん。多分」っと答えながら歩いた。すると豹が後ろからだきついてきて
    「もう忘れろよ」と言って、チョコをくれた。
    私はびっくりして振り返った。すると豹が笑いながら
    「逆バレンタイン、俺がずっとそばに居てやるよ」と言ってチョコをくれた。
    私は照れながら
    「約束だよ」
    と言ってチョコを受け取った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

カラ恋 (にゃっと/著)

  • 織音♪様

    織音さま、初めまして!

    にゃっとと言いますฅ^ •ω• ^ฅ

    空のほうや、辛いほうのカラですかー。

    そこまでは私が思いついていませんでした(笑)

    それはそれで面白いかも……←え

    私は、描くのも、書くのも苦手なんですが、下手の横好きと言いますか……。

    色塗りは全然できないので別ですが(笑)、書くのも好きだし、描くのも好きです。

    そんなときに思ったのを作品にしたのがカラ恋です。

    苦い恋。甘い恋。楽しい恋。悲しい恋。嬉しい恋。切ない恋。

    色んな恋があるよなー。なーんか色みたいだなー。

    その人によって、恋っていうのをどう感じるのかが違うと思うんだよなー。

    十人十色…?色…たくさん…。カラフル?

    『あ!カラ恋!!』

    そんな感じでできた、思い入れのある作品です。





    たくさんある作品のなかから、この『カラ恋』を見つけてくださったことに、本当に感謝です!

    少しでも優しい気持ちなってくださったのならば嬉しいです。

    感想、ありがとうございました!

    にゃっと   2014/07/06 08:26

  • にゃっとさん、はじめまして!(#^_^#)
    カラ恋、読ませてもらいました☆彡 「カラ」は何の略かな? 「空」じゃないだろうし、まさか「辛」じゃないだろうし……と思ったら、「カラフル」で、ああ!と思わずニッコリしてしまいました!
    ノートに絵を描く、その絵が2人を結びつける。私も絵を描くのが好きだったので、それが恋に発展するなんてステキ♪って思い、私はむしろ色塗りが苦手だったので、色を付ける方が得意な主人公ちゃん、いいなぁ♪と思い、なんだか短編なのに、いろんな事を思い、思い出させてもらいました。(^-^*)
    ステキな作品、ありがとうございました!!

    真矢すみれ   2014/07/06 08:11

  • 紫鶴さま

    おぉ!この作品を見つけていただきましたか!

    確かに、紫鶴さまの作品を読んでから気づいたのですが、

    (あれ、なんか共通点あったわ~……)

    意外な作品共通点(←なんだそれw)を発見したにゃっとでございます。

    ちなみに、私も色とかは苦手です。

    絵も書こうと思えば書けますが、汚くてお見せするようなものでもございません。

    ただ、色塗りとかはダメダメですが、そういうのは好きなので、今回はそれに関することを書かせていただきましたー。

    そうですね。竹島色ですね(笑)

    きっと、深くて、でも優しい青系なのかな…なんて考えてみたり。見てるだけでほっと癒されるような感じなのかな、と。

    まさかの気になるひと!

    おぉ、ここにも色づいてるお人が……!ビシャーン!




    放課後のほんのりとしたゆったり雰囲気にあわせ、今回は描写を優しく…やさしーくしようと努力したらこんな感じに(笑)

    竹島くんの優しさをふわっと感じていただけましたか。それは嬉しいです。ヨッシャ!


    そして紫鶴さま!

    私の考えの一つを読み取ってますよ!

    世界がカラフルになる!世界が色づいたならきっと……。そんなことを考えながら書いたんですよ!これ!

    他にも色々と考えたことはありますが、そのうちの一つを!拾ってくださった!!

    感激です!。゚(゚´Д`゚)゚。

    ぜんぜん変じゃないのでご安心を(笑)



    そうですか?

    なら私はこのままでいきます!(笑)

    紫鶴さまが、よりよい自分の描写の仕方を見つけられることを願ってます!

    長文大歓迎!どんとこい!な人なのでぜんぜんおけです!

    感想、ありがとうございましたー
    (*^^*)

    にゃっと   2014/04/08 19:49

  • こんばんは、にゃっとさん。
    紫鶴です。

    にゃっとさんの幾つかの作品の中から、カラ恋という気になるタイトルを見つけ、読ませて頂きました。
    最初の数ページで、色という、君キャンと共通したキーワードを見つけ、興味をそそられました。

    おおっ、良いですねぇ、二人きりの放課後の教室…しかも、ギュッ。
    女子なら確実に胸キュンですね///
    色…元来、絵が苦手なタチなので、あまり気持ちが解りませんでしたが…
    “君の描いた世界に、色を吹き込みたい…”
    主人公ちゃんの (名前が…苦笑) 健気に彩られた思いがひしひしと伝わってきました。
    主人公ちゃんの恋色は、竹島色でしょうか。
    私にも気になる人がいるのですが(!)、見た瞬間、君色に染まっている…
    恥ずかしながら、共感できたり/////
    しかも、仄かに作品内に漂う、竹島くんの、主人公ちゃんを思う優しさ。
    胸がキュッとなりました。

    カラフル恋…ですか…
    私の恋は何色だろう?なんて考えたり。
    色んな人の恋が色づいたなら、世界はとてもカラフルになるんでしょう。
    もし、本当に恋に色がついたなら、一つ一つの色が輝いて、凄く綺麗なんでしょうね!
    …また何か、変なモノを拾い上げた気がしますが。
    的外れの感想を持つ事が多々ありますが、お許し願います。

    確かに、にゃっとさんのこの物語は、私に比べれば描写は少ない…とは思いますけど…
    一般的に見れば、多い方だと思えます。
    それに、その場その場の雰囲気、景色も、シッカリと脳内に浮かび上がりました。
    にゃっとさんは、これで良いと思いますよ?
    私はもっと研究せねば。

    …長文失礼しました。

    にゃっとさん、素敵な物語を読ませて頂いて、ありがとうございました!

    紫鶴   2014/04/08 17:06

  • 黒闇猫さま

    いつもありがとうございます!にゃっとです!

    私は、授業中に絵をこっそり描いちゃうような(←おい)人なので、そんなことから思いついた作品です。

    そして黒闇猫さま

    寝てちゃダメでしょ…
    ←授業中に寝てる人が何を言うか

    面白かったなら幸いです。

    読んでくださってありがとうございました!

    にゃっと   2014/04/06 12:23