感想ノート

少し変わり者の若宮・沙霧と、不思議な純白の容姿を持つ人間嫌いの少女・泡雪。雪の中でゆっくりと育まれる、二人の恋の物語。

  • ♪氷月さま♪

    レビュー&ご感想ありがとうございました。本当に文学的で素敵なレビューに感激いたしました。

    そして、逸勢さんをヒーローにした小説というチャレンジングさに脱帽です。知名度、低いですよね……まさに影が薄い笑
    私は個人的に書道が好きなので、そちらのほうから逸勢を知ったのですが
    三筆の中でも特に逸勢の筆跡が好きです。もう、伊都内親王願文に一目惚れしてしまって、必死に臨書した若き日。あの繊細で優美ながらも大らかで豪快な筆跡が最高です!
    政治的には不遇な晩年だったと読んだ覚えがりますが、まさか怨霊にまで祀りあげられるほどだったとは……氷月さまのコメント、いつもとても勉強になります。ありがとうございます。

    また雑談化してしまいそうなので、このへんで失礼いたしますね!

    汐見 夏衛   2015/05/09 11:30

  • 儚い、切ない……でも、とても美しい物語でした。

    沙霧のちょっととぼけたところも優しいところも、泡雪のストレートで一生懸命なところも、本当に素敵でした。
    宮中劇のリアルな陰険さがまた、白縫山での短く長閑なひと時を際立たせていますね。

    切ない……(と繰り返して言ってみる)。


    ところで。
    逸勢さんファンがおられるとは!
    私も好きなんです!

    一族には嘉智子がいて、渡唐しても空海がいて、三筆としては嵯峨天皇の陰に隠れ、怨霊になっても菅原道真クラスじゃない。
    という「微妙な影の薄さ」に惹かれて、逸勢がヒーローの和風ファンタジーを書いたことがあります。
    詰め込みすぎでグダグダになりましたが(^▽^;


    またほかの作品も読ませていただきますね。
    『可視光の想い』、本棚に入れさせていただきました。

    馳月基矢   2015/05/09 01:43

  • ♪陽烏さま♪


    いつもありがとうございます!

    ひっそり始めていた番外編に気づいていただき、とっても幸いです。


    応援ありがとうございます、がんばりますね(≧∇≦)

    汐見 夏衛   2014/03/16 23:01

  • 番外編もあったんですねヽ(・∀・)ノ

    こっちも本棚inして読みたいと思います。

    更新頑張ってください!

    陽烏   2014/03/16 22:54

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。

pagetop