ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年11月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 頭ぽんぽん

    「...コラ。学校サボりが何してるのかな」
    「駅の裏、ほとんど人が通らないから」

    携帯を触りながら答える

    先生は大学教授だけど化学部の顧問として時々学校に来る。目にかかる黒髪のパーマ、ルックスから女子生徒に人気。

    「ちょ、何っ」
    「いいから」
    カバンから上着を出し着せられる

    「その制服で吸ってたら厄介」

    急に体が近づいてきて見惚れるほど綺麗な先生の顔が近くにあり目をそらさない。

    「...っ」
    腰のあたりを触られ変な声が漏れる


    「はい。没収」

    ブレザーのポケットに入れてたタバコ取られてしまった。
    (くそっ、)

    「...そんな見ないで?」
    っという言葉に我に帰る
    先生は笑いながら奪ったタバコを咥え

    「ガキ」

    そう言って頭を撫でられ赤面した
    「(スキ!)ムカつく!!笑」

    そのまま先生と別れた



    先生「かーわいい。」
    タバコをふかしながら
    (バレバレ笑。萌えるね)

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 壁ドン

    放課後、私は一人教室に残ってある人を待っていた。



    (今日こそは絶対に、先輩に気持ちを伝えよう)




    ガチャ…


    先輩!? じゃなかった…。




    「あ…南じゃん」



    南は私の隣の席の男子で、男子の中で一番仲の良い男子と言ってもかごんではない。



    「あっ!あのさ…部活の先輩来るからちょっと出てってくれないかな」



    「フ〜ン」と、南は私にどんどん近づいてきて…



    壁と南に挟まれてしまった。

    これはいわゆる…壁ドンってやつ?



    「言っておくけど…俺はアイツにお前を渡すつもりは一つも無いから」



    今のは少しだけカッコ良かったって思ったのはまだ君には秘密ーー

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    あー!もー終わんないよー…
    ワークもノートも作文も…サボりすぎた。
    あたしの目の前には明日提出厳守の物が積もってる。
    バサバサっ
    床に落ちた。
    「大丈夫か?」
    声が聞こえた方を見上げると
    同じクラスの琉唯(るい)が落ちたノートを拾いわたしてくれた。
    琉唯はあたしの義理兄妹、そして、好きな人。
    「あ、ありがと」
    上手くしゃべれずお礼がぎこちない。
    「青星(せいら)、まだ宿題終わってないのか?」
    「う、うん」
    お互い遠慮な会話を繰り返す。
    用もないのに、どうして話しかけてくるのだろう。
    すると
    琉唯はあたしの隣に座り「紙ちょうだい」と言ってきた。
    紙ぐらいならとわたした。
    琉唯は紙に何か書き始めた。
    書き終えたと思ったら、スっと立って行ってしまった。
    紙、置き忘れてる…
    あとでわたせばいいかな。
    気になって恐る恐る中を見てみる。

    『好きだ』

    そう書いてあった。
    顔が熱くなったのが分かった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

単行本で書籍化できるチャンスはだけ!

前回と同じキーワードでエントリーOK!

テーマは自由!1人何作品でも応募可能!

2019年1月31日(木)13:00エントリー締め切り!!

応募要項

大賞<1作品>

賞金30万円

スターツ出版より単行本として書籍化


レーベル賞<各1作品>

賞金5万円

スターツ出版より書籍化

各レーベルについて

ケータイ小説文庫 ピンクレーベル

学校1のモテ男子や暴走族の総長と、同居したり、溺愛されたり、胸きゅんシーンいっぱい夢いっぱい!とにかくドキドキさせてくれる、カッコいいヒーローに会いたいです!

ケータイ小説文庫 ブルーレーベル

読後に涙があふれてくる!恋に、友情に、進路に、悩める女子たちに伝えたいメッセージを詰め込んでください。暗い闇を抱えながらも、ひたむきに前を向いて歩くヒロインとの出会いを待っています!

ケータイ小説文庫 ブラックレーベル

繰り返される呪いや、愛しすぎたがゆえの狂気…。怖いけど最後まで目が離せない!ゾクッとしたり、スカッとしたり、とにかくやみつきになるホラー小説を書いてください。

野いちご文庫

クラスメイト、幼なじみ、先輩…。誰かを好きになる瞬間が大切に描かれた作品を待っています!教室にいそうなキャラたちが経験する、甘ずっぱくて、じれったくて、たまに切ない「泣きキュン」小説を書いてください。

応募資格

不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)

文字数

野いちご上で、90,000字以上。

エントリー方法と対象作品

野いちごにて作品を公開し、作品のキーワードにと設定してください。

※設定キーワードは昨年の開催時と同一になります。

※今期のエントリーを希望されない場合、ご自身でのキーワード削除をお願いいたします。


・テーマの設定はありませんが、10代の女性(または男性)が主人公の作品を対象とします。

・1人何作品でもエントリー可能です。

注意事項

以下に該当する作品のエントリーは不可となります。

  • 「野いちご」の規約に反するもの
  • 過去に書籍化されたもの
  • 書籍化の予定があるもの
  • 本人以外に著作権及び著作隣接権があるもの
  • 現在開催中である他の文学賞に応募しているもの
  • 当編集部が不適切と判断したもの


※その他、審査対象外となる作品について

シリーズ作品や続編、サイドストーリーなど、その作品だけでは物語が完結していない場合、原則として審査対象外となります。ただし「第1巻」などとして、その巻だけでも楽しめる場合は審査対象となります。

また完結締め切り後の作品内容編集は、誤字脱字の修正のみ可といたします。番外編等の追加を含む大幅な内容の編集をされた場合、失格となります。なお、完結締め切り後に作品掲載ポリシー違反が発覚した場合も同様に失格となります。

審査について

エントリーされた作品はすべてスターツ出版書籍編集部が読んだ上で、総合的観点から審査します。

スケジュール

10月12日(金) エントリー開始


2019年1月31日(木)13:00 エントリー、完結締め切り

※完結ボタンの押し忘れにご注意ください。


3月下旬 結果発表

※スケジュールは変更になる可能性があります

諸権利

受賞作品の出版権、雑誌掲載権、インターネット上への掲載権、映像化権等はスターツ出版(株)に帰属します。受賞作品の、全部または一部をスターツ出版が発行、運営する紙面、インターネット、携帯電話向けサイトで掲載することがあります。

野いちご大賞に関するお問い合わせはtoi@no-ichigo.jpまでお願いします。

(※携帯メールからの問い合わせの際、迷惑メール対策をされている方は受信対象ドメインにtoi@no-ichigo.jpを指定してください)

また投稿やエントリー方法については、「野いちご」へ直接お問い合わせください。

主催:スターツ出版株式会社