ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中
    • 告白

    登校中、好きな人の声が後ろから聞こえてきた。

    「ねっむ」

    「徹夜かー?ちゃっかりテスト勉強したんだな」

    「俺がすると思うか?」

    「しねーな」

    振り向くと、好きな人が友達と声をあげて笑っていた。

    朝からハッピー。

    彼の笑顔を見ちゃった。

    「笑ってんなよ。お前はした?」

    はっ。

    彼の視線はいつの間にかあたしに向けられていた。

    そして、自然と笑っていたみたい。

    「したよー」

    「お前賢いからなー、一緒に勉強したらやる気出るかな」

    ドキッ。

    一緒に?

    「そう...かも。一緒に勉強しようか....」

    「いいね。あーでも俺、多分集中できない」

    「え?」

    「目の前にお前がいたら、嬉しくて勉強どころじゃない」

    ええっ?

    「なんの冗談!?」

    彼はニコッと笑ってこっそり耳打ち。

    「また後でな」

    ちょっと!?

    テストどころじゃないよ。

    一体どういうことなの?

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 😊好き

    好きだお

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 胸キュン【お題】

    「あ、零。ぐーぜんだね」

    校門で見かけた大好きな幼馴染。
    少しむっとした表情はどこか嬉しそうで。
    一緒に帰ろ、と先を歩いた。

    「そーいえば、零の彼女ちゃん髪切ったー?めちゃ可愛いやん」

    最近、零が彼女を作った。
    私とは比べ物にならないくらいの美人さん。
    私はそれから最近のことを話した。
    苦しくて、夜眠れないこと。
    泣きすぎて、目が腫れること。
    そして、失恋したこと。

    気付け、ばか。
    想いは募る。

    「じゃあさ」

    零は真っ直ぐに私の目を見た。
    薄茶色の瞳に、またひとつ恋をする。

    「俺の事、好きになれよ。泣かせたりしない」

    そんな言葉に期待が重なった。
    呆れて笑うと、零の頬を雫が伝って。

    「仕方ないなぁ」

    私も、だいすきだよ。

    「付き合ってください」

    抱き締めて想いを囁いた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

2018年8月発売『君の世界からわたしが消えても。』書籍情報ページ

羽衣音 ミカの切ない物語を

大人気漫画家・埜生がコミカライズ!

『君の世界からわたしが消えても。』

作画:埜生 原作:羽衣音 ミカ

2018年8月25日発売

定価 1,080円(税込)

出版元:スターツ出版

      
  • amazonで買う
  •   
  • 楽天で買う

作品あらすじ

突然の事故によって終わりを告げた日常。

そして、最愛のきみは、わたしの記憶を失った――。


双子の姉・美月の恋人・奏汰に片想いする高校生の葉月は、自分の気持ちを押し殺し、ふたりを応援する。しかし、美月と奏汰は事故に遭い、美月は亡くなり、奏汰は昏睡状態に陥った。その後、奏汰は目覚めるが、美月以外の記憶を失っていて、葉月を“美月”と呼んだ。葉月は、奏汰のために美月のフリをすることを決めたけど――。

作画者&原作者プロフィール

作画:埜生 Twitter:@nanashi_lie

イラストレーター・漫画家。7月1日生まれ。好きなものはアップルパイとプーさん。好きな言葉は「自由気ままに、自分らしく」。著書に「message 埜生作品集」(KADOKAWA刊)がある。その他、『だから俺と、付き合ってください。』(晴虹・著)、『おはよう、きみが好きです。』(涙鳴・著)など野いちご文庫の装画を多数手掛けている。(すべてスターツ出版刊)

原作:羽衣音 ミカ

新潟県出身の20代女性。小説はゆっくり丁寧に書くことを心掛けている。「なるようにしかならない」が口癖。2015年2月『体育館12:25~私のみる景色~』作家デビュー。2016年11月『君の世界からわたしが消えても。』が単行本化された。(すべてスターツ出版刊)

現在はケータイ小説サイト「野いちご」にて執筆活動を続けている。

試し読み

わたしはきっと たくさんある選択肢の中で

一番つらくて最低な答えを選んだ


でも いつかまた笑えるようになるのならそれでいい


君の世界からわたしが消えても

ずっとずっと 大好きだよ

図書カード3000円分が当たる! 『君の世界からわたしが消えても。』発売記念キャンペーン

RTで『図書カード3000円分』をゲットしよう!!

応募方法

1.「野いちご文庫」(@starts_n)のTwitterアカウントをフォロー!

2.対象ツイート(キャンペーン期間中の固定ツイート) をRTで完了!

応募期間

2018年8月31日(金)まで

賞品

図書カード3000円分 3名様

当選発表

厳正なる抽選の上、当選者様へのみTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡差し上げます。

注意事項

※ご応募いただく際は、必ずご自身のTwitterアカウントを“公開”にしてください。

※当選通知後7日間以上ご返信がない場合は、当選を無効とさせていただきます。