ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 屋上
    • ギュッ

    「はぁ…」
    「どうした?」
    「あたし…彼氏出来るのかなって」
    見た目もそんなに可愛くないし頭も運動神経も良くない。ドジばっかしてるし…。
    「こんなあたしを好きになる人なんて…いないしね…」
    「じゃあ、こんなあたしを好きな俺はどうなるの?」
    「えっ…?」
    今、好きって言った…???
    遥のことは気にはなっていたけど絶対あたしのことなんて好きになるはずないって思ってた。
    「ねぇ…」
    「っ…」
    頬を包まれ遥と目が合い恥ずかしくて視線を逸らした。
    「こっち見て」
    「っ…、は、恥ずかしい、よ…」
    「顔真っ赤」
    「遥のせいだもん…」
    「じゃあ、お詫びに…」
    「んっ…」
    優しくキスを落とされた。
    「なっ、今、キス…!?」
    「自分で思っているよりだいぶお前にハマってるかも」
    「なっ…!?」
    そう言った遥はあたしを抱きしめた。そっと遥の背中に手を回すと更にギュッと抱きしめられた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下
    • 告白5秒前。

    『先輩すみません!忘れ物を…』
    私は今日、ずっと片想いをしている憧れの先輩と帰れる事に成った
    しかし…教室に忘れ物をしてしまった…
    『じゃ、一緒に行くか』
    『え?良いんですか?』
    『良いに決まってるだろ。ほら、行くぞ』
    と、憧れの先輩に手を引かれる
    それだけで、心臓が持たない位に、私はドキドキしていた

    『此処だよな?』
    と、彼女のクラスの前で止まる
    『はい!先輩、ありがとうございます!
    取ってきます!』
    と、笑顔で彼女は席に向かう
    『有った!!』と、ふわりとした笑顔をしながら言って、彼女は俺の所へと戻ってくる
    正直、可愛過ぎて堪えた
    『なぁ、お前さ…いつまでも俺が…手を出さないと思うなよ?』
    『へ?先輩、何の事ですか?』
    と、きょとんとする顔すら可愛い
    『可愛過ぎて問題有んだよ』
    『へ!?』
    と、彼女は顔を真っ赤にする
    『手を出したくなる…て、意味』
    『それって…』
    そして俺は彼女に…?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 教室
    • 告白

    『死ね』『ウザい』『消えてちょうだい?』

    そんな悪口だらけのメモが今日も机の中に入っていた。

    後ろの方で女子の笑い声が聞こえる。

    いつも私をいじめている、石野くんファンクラブのリーダー、ジュリたち。

    「ねぇ、まだ学校来てんの?」
    「......っ」
    「こーんなにいじめてるんだし、そろそろ辞めちゃえば?」

    目の前で教科書がビリっと派手な音を立てて破れる。

    どうしたらいいのかわかんないよ...

    石野くん...!!


    「あのさ」


    それは、唐突に聞こえた。

    私が求めていた、好きな人の声。

    「...どうしたの、石野くん?」
    「そういうの、こいつにやるなよ」

    そうしている間にも私の顔は紅潮していく。

    「お前、分かりやすすぎるんだよ」

    石黒くんはこそっと耳打ちした。


    そして、ジュリたちを向いてきっぱり言った。


    「オレの彼女に手だすなら彼氏のオレが許さねぇからな?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

10代女子共感度200%本フェア

プレゼント内容

応募者全員プレゼント

文庫を2冊買って、

応募すると必ずもらえる!

花芽宮るるさんの超キュートなイラスト入り♪

オリジナルトートバッグ★

さらにダブルチャンス!

抽選で50名様にプレゼント!

シーブリーズ デオ&ウォーター

※写真はイメージです。

※香りはお選びいただけません。

シーブリーズとのコラボ企画!

シーブリーズ デオ&ウォーターの7つの香りをイメージして、野いちご人気作家7名が胸キュン短編を特別書き下ろし!

人気作家7名全員の直筆サイン色紙が当たるスペシャル企画「胸キュン小説感想マラソン」も!!

フェア対象商品

ケータイ小説文庫

野いちご文庫

野いちご文庫ホラー

  • フェア帯が付いている文庫

野いちご編集部オススメ

応募方法

応募方法

STEP1 フェア帯の応募券を、2冊分それぞれ切り取る。

STEP2 切り取ったものを、郵便はがきに必ず2枚貼る。

STEP3 下記の7項目をはがきに記入し、ポストへ投函して応募完了♪

①郵便番号

②住所

③氏名

④年齢

⑤電話番号

⑥購入した2作品のタイトルと一言感想

⑦野いちごへのリクエスト

応募はがきの 送り先

〒104-0031

東京都中央区京橋1-3-1 八重洲口大栄ビル7F

スターツ出版株式会社 販売部

「10代女子共感度200%本フェア」係

応募締め切り

2019年7月31日(水)

※当日消印有効

注意事項

  • 応募者氏名・住所が同じ場合、全期間を通して、おひとり様1個のみの発送となります
  • 応募券のコピー不可、応募は国内からに限ります

プレゼントの 発送について

<オリジナルトートバッグ>

2019年8月より順次発送させて頂きます。

<シーブリーズ デオ&ウォーター>

厳正な抽選の上、当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。賞品の発送は2019年8月より行います。

個人情報の 取り扱いについて

個人情報の取り扱いに関しましては、弊社をご覧ください。

花芽宮るるさん描き下ろし♡

超キュートなブックカバーが書店でもらえるかも!


※数に限りがございますのでご了承ください。

※一部店舗に限ります。