ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月11日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    窓際の一番後ろの席から、小さな寝息が聞こえる。

    隣の席で私の旦那様、ハルがカーテンに隠れて寝ているのだ。


    「ハル、ハルってば」

    「ん、んー」


    ハルは精霊界の王子様だから、人間界にいると少し疲れやすい。

    最近は体育祭の練習で午前中がハードだから、毎日こう。

    いつもは満開のはずのツノも少し元気がない。

    回復する方法はあるんだけど…


    「ハルってば、起きて。授業中だよ」

    「朋香ぁ…」


    あ、まずい、寝ぼけてる!

    これは昨日と同じパターンだ、悪い予感しかしないっ。


    「朋香、愛してる…」

    「あっ、ダメ…っ、んっ」


    ハルが、とろんとした甘い表情で私の頭をぐいと抱き寄せた。

    窓の外は雲ひとつない青空が広がり、目を閉じても眩しい。

    カーテンの向こうで、先生が教科書を読み上げているのが聞こえる。

    ハルの唇がとろけそうに熱い…


    授業中は、ダメだよ…

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 教室

    「ねぇ、最近すごい勉強してるけどどうしたの?」

    目の前で難しそうな問題を解いている彼氏に問う。

    「受験勉強。」

    「え、まだ2年生じゃん。」
    ちなみに私は3年生。
    年下彼氏なのです。

    「だって先輩、〇〇大学(国立)行くんだろ。大学のレベル先輩に負けたくないから勉強してんの。」

    「なにそれ〜。笑」

    あと数ヶ月でそばにいられなくなる。
    県外の大学だから頻繁に会えないし。
    なんか、寂しいなー。

    そんなことを考えていたら、
    「...それに、先輩と一緒に居れるから。」

    「えっ...」

    「先輩、周りに気を使ってデートしてくれないし。学校で一緒に勉強するしか方法ないじゃん。」

    下に向けていた顔を上げる。
    私を見るまっすぐな瞳。

    「先輩が卒業しても会いに行くから。んで、来年は先輩と同じ大学いく。だから、他の男探すなよ!」

    ちょっと顔を赤くして言う年下彼氏は最高にかっこよかった。

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「せーんぱい!」
    いきなり後ろから声をかけられて振り向くと、後輩の蒼くんがいた。
    いきなりどーしたんだろ?そんな事を考えていると
    「ちょっときてくれますか?」

    言われた通りついていくと、
    「僕、先輩の事好きになっちゃいました。どうしたらいいですか?
    先輩なら、教えてくださいよ。」

    「え〜!いきなりそんな事言われても…。ていうか、私のどこがよかったの?」
    「素直なとこです。」

    「ありがとう。気持ちは嬉しいけど、その…ごめんなさい。」
    そう言って頭を下げると、
    「わかりました。じゃあ、先輩が卒業するまでに落として見せますね。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「青い炎」の作品一覧・人気順
キーワード 青い炎
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
1件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す