ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 廊下
    • 見つめてるだけ

    好きなのにただ見つめてるだけで何も進展しない!
    告白したらこの関係が壊れてしまいそうで言えない😒😒😒


    いつか君が気づいてくれるといいな❤
    好きです❤

    開く閉じる

    • 彼氏
    • バレンタイン
    • 廊下
    • 後ろからギュッ

    今日は彼と付き合い出してから初めてのバレンタイン!
    今年はいつもより頑張って手作りにしちゃった
    喜んでくれるかなー
    クラスが違うので彼の教室へ向かった
    そこには沢山の女子達に囲まれる彼の姿が…
    まあ、イケメンだしわかってたんだけどね
    でもやっぱり妬いてしまうわけで
    彼と一瞬目があってもプイッと顔を反らして自分の教室に帰ろうとした
    後で放課後に渡そう
    すると後ろから爽やかなシトラス系の匂いにつつまれた
    「待てって、俺にチョコくれないの?」
    「私からもらわなくてもくれる人いっぱいいるんじゃない?」
    嘘 本当は誰からももらってほしくない
    「俺はお前からしか受け取らないよ?」
    彼は本当にいつも私の欲しい言葉をいってくれる
    いつもはまだ許さないところだけど、今日は私の負けかな?
    チュッ
    彼の頬に触れる程度のキスを落とす
    とたんに彼の顔は真っ赤に
    「ちょっ、えっ?」
    ハッピーバレンタイン♪

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 卒業式後
    • 教室

    今日はずっと憧れてた先輩の卒業式
    この学校に入学したとき、貧血気味のところを助けてもらってから一目惚れ
    何とか近づいてよく話せるようにはなったんだけど…
    あーあ、結局最後まで告白できなかったなー
    私が自分の教室の隅で泣いていると、
    「お前いつまで泣いてるつもりなんだよ」
    あれっ、幻聴かな?先輩の声がした気が…
    「ばーか、ちげーよ 本物だ本物」
    うそっ、私の心の声もれてた!?
    「先輩!どうしたんですか?2年の教室に来るなんて」
    「最後にお前の泣き顔でも見にいこうと思って
    それにしてもブサイクな泣き面だな
    このままじゃお前、ずっと彼氏できねーな」
    「余計なお世話です!」
    私が思わず立ち上がるとフワッと暖かいものに包み込まれた
    「せ、先輩!?」
    「だから俺がお前をもらってやる、ありがたく思え」
    えっ、何これ私の妄想?でも、ほっぺが痛いから現実だ!
    「返事は?」
    「お願いします!」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「燭台切光忠」の作品一覧・人気順
キーワード 燭台切光忠
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
1件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す