ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】

    「ほら、先輩!笑って下さい!」
    「笑ってるから…」
    今日は彼氏とクリスマスデート。
    さっきからずっとクリスマスツリーの前でスマホを構えても、先輩は普段から滅多に笑わないため中々良い写真が撮れない。
    「もしかして…私と一緒にいるの嫌ですか?」と聞いても
    「そんなわけないだろ!じゃなきゃ付き合ってねぇよ」って即答するし。
    どうしようかな…。
    あっ、良いこと思いついた!
    「先輩!ずっとスマホ持ってたら腕痛くなってきました。ちょっと持ってもらってもいいですか?」
    「ああ、いいよ」
    よし!
    私は先輩にピタッとくっついた。
    「先輩、ここのボタンですからね」
    「うん。はい、3・2・い…っ」
    チュッ
    「えっ…」
    カウントダウンする先輩の声は私によって遮られた。
    撮れた写真には驚いた顔をしている先輩と、その頬にキスする私の横顔が。
    「やられた…」
    先輩は顔を真っ赤にしながら私の肩に顔をうずめた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】

    「香織、この前の続きしよーぜ」

    葉月の部屋に訪れるなり目の前に広がるのはゲーム機。

    「今日、何の日か知ってる?」

    葉月は何のことやら分からず、腕を組み考える。

    「これ、クリスマスプレゼント」

    「あれ、今日クリスマスだっけか。忘れてた」

    葉月らしいな。

    「俺なんも用意してねぇ」

    「だと思った。いいよ、別に。葉月、ゲームしよ」

    私は葉月の隣に座りコントローラーを手にする。

    「香織……ちょっとこっち来い」

    ぐいっと手を引かれ葉月に抱き寄せられた。

    「プレゼント…俺でいい?」

    「はい?」

    「手元に何もねぇもん」

    真剣な顔して言うから思わず笑ってしまった。

    「そのかわり私の全部もあげる」

    「いや、それは……冗談はよせよ」

    鼻で笑う葉月にいきなりキスをした。

    「冗談じゃないよ?」

    「え、まじで?」

    顔を真っ赤にさせた葉月はしばらく動かなかった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 帰り道
    • 告白

    高校3年生のクリスマス。だけどいつもと何も変わらない。それどころか、最近彼氏とケンカして、話せてもいない。

    「はあ、つまんないな…今年はクリぼっちかな…」
    「紗奈、どーかしたの?」
    「別に、って昂⁈」
    なんで急に話しかけてくるの?
    「なあ…今日の部活終わり、体育館来てくれないか?」
    「いい、けど?」
    久々に話したあいつとの会話。心がキュウって締め付けられた気がした。『別れ』だろうか。

    ダンダンダン シュッ 思えば昴はバスケ部だった。
    私は帰宅部だから見たのは初めてだけど、噂通り昴目当ての女子がたくさん。
    なんか、もやもやする。…もう、慣れてるはずなのに。

    「お疲れ様。…話って、なに?」
    「紗奈、ごめんね。」
    「…?」
    な、なんで?
    「ごめん。俺と仲直りしてほしい。そして、俺ともう一度付き合って。」

    あぁ、なんて嬉しいクリスマスプレゼントなんだろう。

    「私も、ごめん。ありがとう。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「よしくん」の作品一覧・人気順
キーワード よしくん
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
2件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す