ケータイ小説 野いちご

涙を星屑にかえて ~守ってやりたい~






実家に着いた時、お前はまた冷めた瞳で俺を見る…





「これ、俺の兄貴のジン!」




兄貴を紹介した。




「…サリーです。」



お前、もぉ少し明るく挨拶出来ねーのかぁ?



「あぁ、サリーな! 宜しくな!」




でも、兄貴のタイプだったりもする…!!





兄貴に任すの、心配になったきたかも!?








< 40/ 100 >