ケータイ小説 野いちご

涙を星屑にかえて ~守ってやりたい~




お前の家の近くに、小さな公園がある。




送り届けて、その公園で話すことにした。









先に口を開いたのは俺…



「…サリーさぁ、俺と話するとき 何時も突っかかった感じだよな~?」



「…別に、気のせいじゃない!?」



既に、突っかかってるじゃねぇかよ!!



「それに、笑わないしよぉ!」



「…可笑しくもないのに、笑えないじゃん!!」



「ぷっ! それもそだな!」








たわいもない話…








< 33/ 100 >