ケータイ小説 野いちご

放課後図書室





「果歩りん、行こっ!」


放課後。


恵美ちゃんと玲奈ちゃんが私の机のところに来た。


早瀬君はもう既に図書室に行ったようだ。


「……うん」


乗り気じゃない私は、2人の後を隠れるようにしながらついて行った。


昨日の早瀬君の、
『相手を知ろうとする努力もしてないし、自分を知ってもらおうとする努力もしてない』
という言葉が頭にふっと甦る。




確かに私はそう。


でも、その努力の末に嫌われたくないのだ。


傷付きたくないのだ。


結局。


どこかで相手を見下している黒い自分がいるくせに、そんな相手にすら自分の存在を否定されたくない。




『傷付きたくないからって、踏み込まないんだね。
自分が可愛いんだ』


以前言われた言葉も一緒になって頭に響く。


その通りだよ、早瀬君。

 

< 117/ 247 >