ケータイ小説 野いちご

罪血


俺はパソコンの中からmicroSDを取り出し、書類も綺麗にまとめて、封筒の中に入れた。
パソコンの電源を落とし、書斎の電気を消す。
封筒を持って書斎を出、
寝室のそばを通ると、
カツン、と固い音がした。

…あぁ、終わったな。

俺はそう思いながら、玄関から外に出た。
もう少ししたら、灑梛が来るはず。

ガチャ、キィィイ、パタン。

ほら来た。

「お疲れさま、灑梛」

灑梛に声を掛ける。

『あぁ、瑞希もお疲れ』

灑梛も返してくれた。
鍵を締め、俺達は闇に、消えた。




< 22/ 84 >