ケータイ小説 野いちご

黒猫 - 迷子の不良黒猫ちゃん - 【完】




まあそんなコトは置いといて、



『イジメてきた人が誰か分かんないけど………どうやって呼び出すの?』


私が聞くと、
暁人はピシッと石化した。



あー、まさか


『考えてなかった……とか?』


私が言うと、コクリと頷く暁人。


馬鹿だ、と思ったが
言わない優しさ。




だが


「………役…立た…ず。」


尚哉くーん?



あ、飴溶けて無くなってきた。←(関係無し)





「うっ……!尚哉の言葉は痛いんや!棘なんや!」


「………。…だか、ら…?」


「優しい言葉を……。」


「……暁人、…M……違う?」


「まさか、尚哉ずっと、わいがMやと思っとったんか?
………。違うわーー!!」




あれ?

衝撃的事実発覚なんですけど。



尚哉って暁人がMだと思ってたの?


みんなも、そう思ったのか唖然としている。



かと思ったら




「暁人ってー。」

「Mじゃないんだー。」



「じゃあドMか。」




そっちの意味でビックリだったのか。

みんな暁人がMだと思ってたのか。



しかも龍、暁人がMからグレードアップしてる。






< 136/ 212 >