ケータイ小説 野いちご

勿 忘 草 ー記憶喪失の恋ー【上】



私はあまり伯母様は好きじゃない…


化粧は濃くて、香水は臭くて…


「さ、行きましょう。」


外に停めてある二台のロールスロイス。


ホンダかトヨタで充分なのに…


「絆奈さんは後ろの白い方に乗ってね。日本に滞在中は、それがあなたの車だから。」




< 15/ 371 >