ケータイ小説 野いちご

年上彼氏に夢中です。



車にもたれ掛かって腕組みをする響太の姿。




「…………お前…ふざけんなよ?」



どこから声を出しているのですか?っていうぐらい低い声。




「え??」



「何で携帯出ねぇんだよ!!!」




「響太が私に電話!?」



そんなことは一回もなかった。惜しいことしたなぁって思っていると…




「あぁ…実加は昨日変なこと言って電話勝手に切るし…


しかもかけ直しても出ねぇ…」




「……あの…もしかして…電話に出ないからわざわざ来てくれたの…?」


だったらすごい嬉しいんだけどな…



「…」




何にも言わない響太。



< 11/ 61 >