ケータイ小説 野いちご

優秀ドクターと溺愛新婚生活〜結婚するなんて聞いてない!〜



その冷たさにびっくりしたけれど、気持ちがいい。


火照った私の身体にはちょうど良かった。

少しずつ目眩も収まってくる。



「寝るまでここにいるから、安心してね」



爽介さんは、そう言って私の手を握ってきた。


それ、余計ドキドキして寝れなくなるやつ......。


そう思ったのだけれど、今の私には体力の限界だったらしい。


初めはドキドキしていたけれど、いつの間にか眠りに入っていた。

もちろん、その間の爽介さんは、ずっと私の手を握ってくれていた。


< 138/ 183 >