ケータイ小説 野いちご

何色にも変われるきみ


「じゃあ、席はあそこだ。空いてる席があるだろう。隣は有馬《ありま》だ」

……え? 僕の隣?

驚いて固まっていると、すでに隣にはきみがいた。

「よろしくね、有馬くん」

「あ、うん。こちらこそよろしく」

まさか隣になるなんて、思わなかった。

「分からないことたくさんあるから、何かあったら聞いてもいいかな?」

「う、うん。もちろんだよ」


先生の話が終わると、早速話しかけてきた。

「フルネーム聞いてもいい?」

「あ、そうだね。僕は有馬礼央《れお》」

「じゃあ礼央って呼ぶね。私のことは和香って呼んでくれていいよ」

いきなり呼び捨てなんだ。

かなりペース持ってかれて断れない。

「あ、今困らせちゃったね。ごめんごめん、ついクセで」

クセ? まあ初対面なのによく話すから、こういうことも多いのかもしれないな。

でも、なんで困ったってわかったんだろう。

できるだけ僕は顔に出さないようにしてるのに。

他人と話してい思い出はほとんどないから。

< 2/ 20 >