ケータイ小説 野いちご

死りとりゲーム2-死り神さまの逆襲-






その横で愛海が、2人の背を睨みつけていた。そのあまりの鋭さに、声を掛けられないほどに__。






< 57/ 206 >