ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

_遥人が卒業する日を思い出した。

『遥人、おめでとう!』

卒業証書を片手に持った先輩に言う。

「ありがと、美紅」

『あ、第1ボタンちょうだい?』

これ憧れだったんだよね。

「フッいいよ」

やった!手にしたボタンをみて喜ぶ。

「…あのさ、大事な話になるんだけど」

急に真剣な顔になる先輩。

ん?なに?

「大学生になったら、たぶんきっと忙しくて会いづらくなると思う。それでも平気?」

ちょっと悲しいけど大丈夫。

そのときはそう思って、平気なんて言ったけど全然平気なんかじゃなかった。

< 290/ 361 >