ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

『お、おはよ…!』

今の言い方変じゃなかったかな?

付き合っていた頃は普通に話せたのに、今では話すことさえ緊張する。

「なぁ、途中まで一緒に行かね?」

え…?
一瞬戸惑ったが、特に断る理由もなかったため頷いた。

「そーいえば部活きまった?」

『…葵と一緒にサッカー部のマネージャーになったよ』

「へぇ〜じゃあ俺もサッカー部入ろっかな」

『え?中学のとき怪我しなかったっけ?』

裕也はサッカーが得意。
けど中学のときに怪我をして退部したから、もうサッカーはしないと思っていた。

< 15/ 361 >