ケータイ小説 野いちご

バイオレット・ダークルーラー




この街はあまりにも、黒が似合いすぎていると思う。

底知れない唯一の孤高さ。明るさなんてもの最初から必要としていない、甘美な蜜のような空間。


さっきの地下鉄のアナウンスだってそうだ。

“ご降車のお客様で未成年の方は、日付が変わる前のご帰宅をお勧めしております”。わざわざそんなことを周知するなんて、普通はありえない話。


親切なその言葉は幾度となく無機質な音へ変わってきたのだろう。…危険だと知っていながら、人々は結局足を進めるのだから。


もっとも、わたしもその“人々”のうちのひとり、なのだけれど。



「あっ!」

「…莉菜?」

「ねぇ朱里、あの高層ビル…今日は人がいるんだね!」



莉菜の無邪気な声で、心ごと我に返った気がした。



駅の出口へ続く階段を上りきってすぐ

遠くに在ると分かっていても、その高さに加えて街を象徴する孤高さと

何よりもの威圧感から近くに在ると思ってしまう、幻想のような建物を見上げる。




「本当だ。最上階だけ、人がいるのかな」



――…冷たい風が頬を撫でたことに、わたしは気付きもしなかった。


< 17/ 300 >