ケータイ小説 野いちご

氷点下できみを焦がしたい



「羽瑠ちゃん、好きだったよ」



「っ、ありがとう……」



「じゃあ、俺行くね。羽瑠ちゃんも気を付けて帰るんだよ」

「うん、ありがとう、本当に」


立ち上がった真緒くんを見上げる。
真緒くんってこんなに、優しく笑うんだ。


「そうだ、生徒会ではこれからも仲良くしてね。気まずいとか思われたらそっちの方が傷つくからね?」

「これからも友達でいてくれるの……?」

「当たり前じゃん」

「そっ、か」



安心して、ふっと笑みが溢れる。

だって恋愛感情ではなかったけど、真緒くんは私の大好きな友達で。

そしてあの生徒会室は、私の大切な居場所の一つになっていたから。






真緒くんと別れて、1人になった瞬間、涙がこぼれてきた。

どうして泣いているのか、よくわからない。

だけど温かくて、優しい涙だと思う。




どうして、みんなただ恋をしてるだけなのに、傷付いて、傷付けてしまうんだろう。

それでも私を選んでくれた真緒くんの言葉は、ずっと私の宝物になると思った。





< 213/ 246 >