ケータイ小説 野いちご

氷点下できみを焦がしたい




「ん……うわ、びっくりした」



見とれてしまって、どれくらい時間が経ったのかわからない。
数十秒かもしれないし、数分かもしれない。


永遠くんのながいまつ毛が動いて、ゆっくりと瞼が上がる。
茶色くて綺麗な瞳が、私の姿を捉えた。



「あ……おはよう」


どうしていいかわからなくて、咄嗟にへらりと笑ってしまった。



「ずっと見てたの?怖いんだけど」

「……ごめん、たしかに怖いよね」




寝顔を見つめてたなんて怖いよね。
いくら綺麗で見とれてしまったからって……。



「はぁ?本当にずっと見てたのかよ」



冗談だったのに、と呆れたみたいに笑う永遠くんは、思ったより引いてないらしい。
よかった……。

というか、人に見られることには慣れてるのかもしれない。





「そうだ、ねえあのノート……私のために作ってくれた?」



私がそう聞いたら、永遠くんはまだ眠そうに体を伸ばしながら、私をちらりと一瞥する。


「……自惚れんな」


私を見る表情が、優しくて。
違うって言わない永遠くんが、なんだか可愛くて。


「素直じゃないなぁ」


くすくすと笑う私の髪を、永遠くんの手ががくしゃりと乱す。


「うるせー、絶対追試になるんじゃねえぞ」



永遠くんは、照れたときすぐ「うるせー」って言う。

本当におかしくて笑うとき、目が細くなる。

そういう、好きになって知ってしまったことが多ければ多いほど、きみに溺れていってしまうなぁ。






< 128/ 246 >