ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女



広「あ、そうだ!担任新しい人だから!」



美花「え?」



明「前の学校の担任からも無視されて助けてもらえなかったんだろ?」



美花「はい…」



明「そんな担任クズだと思って違うところに飛ばした。」




美花「なんだか、何から何までありがとうございます!」




明「ああ」




美花「それで担任は誰なんですか?」




広「俺だ!」




美花「国さん?!」



広「なんだよ嫌なのか?」




美花「いえいえビックリしただけです」




広「そうか」




明「さ!話は終わりだ!今日から通常授業だ、あともうちょっとでチャイムも鳴る」




美花「あ!わかりました」



明「美花、きおつけろ」



美花「え?」



明「お前のクラスに現姫と黒龍が一人いる」



美花「そうなんですね」



明「クラスを決める時にそのこと忘れててもう返ることもできないから、なんかあったら俺たちをバンバン頼れ!分かったか?」




美花「は、はい!」




明「よし!もういけ!」




美花「はい、それじゃあ!」




    そして私は教室に戻って自分の席に着いた。少し嬉しかったのは、ニコちゃんたちがいること!笑




美花「ニコちゃん達と一緒のクラスでよかった!」



ニコ「うん!」




?「お前と同じ教室とか最悪だわ…」




美花「?!…」




    この声は…




美花「ルカ…」




ルカ「ちっ!気安く呼ぶんじゃぁねぇーよ!」




美花「こ、ごめん…」




瑠生「ならこいつにちょっかい出さなきゃいいだろ?」



ルカ「は?」



ニコ「だよね〜ちょっかい出すってことは〜僕たちのことが気になるからでしょ?笑」




ルカ「誰がてめぇ〜らの事気にするか!」




ニコ「ふーん」



ルカ「てめぇーさっきから気にくわねぇな!表でろ!」



ニコ「いいよ笑」



美花「ちょ「ルカやめて!」」




    この声…桃ちゃん



ルカ「桃…」




桃「…喧嘩しないで…」




ルカ「わ、悪い」




桃「あ、あのニコくん喧嘩吹っかけてごめんね?」



ニコ「キモ…」




桃「?!…ヒック、ヒック」




ルカ「お前今なんつった?」



ニコ「キモって言ったよ?」



美花「ニコちゃんいくらなんでも言い過ぎだよ!」




ニコ「美花は黙ってて」



美花「?!」



ニコ「俺は猫なで声で話しかける女がこの世で一番大っ嫌いだ!」



美花「ニコちゃん…それ以上は…」



蒼「やめろ悪いのはあっちだ」



美花「けど!」



瑠生「あいつはお前を闇に落としたあの女が、心底嫌いなんだよ、まあ、手はださねぇと思うけどルカには出すだろな〜」



美花「それがダメなんだって!」



蒼「それじゃあ止めたほうがいい?」



美花「当たり前!」



瑠生「なら止めるかー笑」



美花「ありがとう!笑」



瑠生「ニコ〜もうやめろ、こんな奴構うだけ時間の無駄だ」




蒼「そんな事より美花と話したほうが楽しいぞ笑」




ニコ「…それもそうだね笑喧嘩したら美花ちゃん俺のこと怒るだろうし笑」



美花「怒るよ!」



ニコ「それじゃあ、やーめた!」




ルカ「お前らまるで犬だな笑」



3人「「「?!」」」



美花「ルカ、今なんて言った?」




ルカ「話しかけんなブス!」




美花「それは無理!」




ルカ「ああ!?」




美花「3人に謝って!」



全員「「「?!」」」




美花「瑠生達に犬って言った事謝って!じゃないとゆるさないから!」




ルカ「ッ…なんで謝んねぇといけねぇーんだよ!本当の事だろ!」




       パンッ!



全員「「「?!」」」




美花「…」





美花「ルカ…あんたがそんな奴だとは思わなかった…私が最後まで信じてたのがバカみたい…」




ルカ「?!…」




桃「ルカ大丈夫?美花ちゃんひどいよ!ルカ何もひどいことやってないのに!」




美花「は?何もしてるから私はルカを叩いたの!なんの意味もなく私は友達を…ルカを…叩かない!でも私の友達にあんなことを言うなんて許せない!」



ルカ「…」




蒼「ありがとう笑」




ニコ「美花ちゃん下行こ?ここにいたくないでしょ?」



   私達4人は教室を出た




蒼「あいつ嫌いだ、美花の話もまともに聞かないでどうかしてる!」




瑠生「確かに、」



   …ルカにあんなこと言ったけど…私は間違ってないよね?…友達を守っただけだもんね



ニコ「ルカって奴に言った言葉を後悔してるのる?」




美花「…」




瑠生「お前は間違ってねぇし、もしあいつらにお前のことを言われたら俺も同じ事をする」




蒼「僕もだ」



ニコ「俺も笑」



美花「みんな、ありがとう!笑」

< 28/ 79 >