ケータイ小説 野いちご

彼と彼女の甘い秘めごと




伊織にすがって、断片的な快感に酔って

心の奥底では自分自身をひどく冷酷視している。



「…っ、もっと…。もっとして…っ」

「あんまり急ぐと紗和の身体が傷ついちゃう。ちゃんと俺はここにいるから」



お風呂から上がって、身体を拭く間もなくベッドの上に居た。

濡れた身体のまま、色欲の薫りだけをのこして。


最初は戸惑っていたけれど

優しい瞳で、穏やかな声色で、包み込むような手つきで

わたしに触れる伊織を、声が枯れてもなお求め続けた。



「ん、…やぁ…っ…!」

「嫌なの?じゃあやめよっか」

「…っちがう、…っ」

「うん、分かってるよ。――…もっと気持ちよくなろうね」




いつもなら甘い夜は

いつわりの甘さを伴ったまま、ほろ苦く更けていった――…。


< 130/ 340 >