ケータイ小説 野いちご

憧れの学園王子と甘々な近キョリ同居はじめました♡




「はい。だから、天野会長で良いですか?」


ご厚意には申し訳ないけど。



そう思って言うと、会長様は「良いこと思いついた」と呟いた。



「学校では、天野会長で良い。でもふたりのときは、名前で呼んで」



おおっ、その手があったか。



「分かりました!翼くんと呼びますね!」



わたしの言葉に頷いた翼くん。



「音羽っていつも笑顔だよな」




そこでいきなりそう言いだす。

今日会ったばかりで『いつも』って違和感がある。


だけど、生徒会長だから全校生徒に気を配っているんだということにして返事をする。


「笑顔は、自分も周りの人も幸せにしますから!」


なにか辛いことがあっても、笑顔でいたら元気が出る!

わたしはそう信じてるんだ。









< 23/ 297 >