ケータイ小説 野いちご

課長は雪男!?【佳作受賞】

そんなまるで芸術作品のような風貌の課長を、私が疑い始めたのは、ゴールデンウィークを過ぎた頃。

4月には気づかなかったけど、課長が来るとどこからともなくひんやりとした空気が流れる。

いや、これは比喩ではなくて、本当に寒気を感じるの。

あ、ちょっと違うかな?

ひんやりとした冷たい空気を感じた直後に課長が現れる?

うん、そんな感じ。


しかも、課長が外出したり、先に帰ったりしていなくなると、元通り暖かくなるの!


だから、私は疑ってる。

っていうか、確信してる。

課長は、雪女の息子なんじゃないかって。

だって、あの白い肌!

名前だって、雪って書いてすすぎさんなんて、他に考えようがないでしょ。

もしくは、雪男?

または、幽霊?

それとも妖怪?

とにかく、課長は人間以外の何かじゃないかって思ってる。

< 3/ 10 >