ケータイ小説 野いちご

「ねぇ、シェアしない?」



達実の肩に両手を回し、舞香がしなだれかかっている。


2人とも裸というか、制服が中途半端に乱れていた



はっと目を見開いた達実。


でも舞香は__。


動揺することもなく、達実の肩に頭を傾けた。


なにかを私に問いかけるように首を傾げ、薄っすら微笑んだ。


「優子、どうしたの?」


と。


まだ慌てるならいい。叫び声を上げて、すぐに制服をたくし上げ、顔からは血の気が引き、涙を流して謝るなら、私も止まっていた思考が動き出しただろう。


それなのに舞香は乳房を隠そうともせずに、私を見ている。


睨んでいるのでもない。


いつもの、私を見守る優しい眼差しだ。


私の頭は、完全にパニックになっていた。


勝手にカーテンを開けたことが申し訳ないとさえ思わせる、舞香の揺るぎない態度。2人の邪魔をした私の方が悪いんじゃないかと__。


「ど、どうして?」


枯れ果てた声しか出なかった。


「こ、これは違うんだ」


1人で慌てふためく達実の反応は、どこか私をホッとさせる。


浮気をしたんだ。


きっと、あの誰にも言えない秘密を分かち合った辺りから、違う感情に流されたんだ。理由があることが、こんなにも安心するなんて__。


「ねぇ、どうして?」


私はさらに詰め寄る。


未だに首を傾げている、私の親友に。


しばらく見つめ合うと、ようやく舞香が頭を起こした。



< 133/ 206 >