ケータイ小説 野いちご

それでも君を

「ほんとに?」



「ほんとです。約束は守ります。」



「…わかった。」



水沢先生は話を持ってくのが上手い。



前にも思ったが、私なんかでは敵う相手ではないのだ。



「偉いです。じゃあ気が変わらないうちに終わらせちゃいましょう。」



「えっ、もう?」



「もうです。ちょっと失礼しますね。」



私が受けると決めてからの先生の行動は、恐ろしく早かった。



ぐっと先生の顔が近くなる。



ドキッとしないよう、気を逸らすことに必死になっている間に診察は終わっていた。



「はい、おしまいです。大丈夫です、悪くなってませんよ。来週もう一度来てもらって、良ければ受診の間隔を元通りにしていきましょう。」



はぁ、良かった。



少し照れ臭いけど、お礼はちゃんと伝えなきゃ。



「ありがとう、ございました。」



「なぜ今頃敬語なんです?(笑)
頑張ってくれたので、疲れたんじゃないかと思います。ゆっくり休んでくださいね。お大事に。」


< 96/ 170 >