ケータイ小説 野いちご

主治医の兄

ハァ…ハァ……

優「芽衣!!!!!おいっ!」

兄貴電話出るかな……


プルルルプルルル……
出ない。なんでだ?

プルルルプルルルプルルル……

広「もしもし?どうした?」

優「ハァハァ兄貴!!」

広「ちょっと待って、落ち着けって!」


優「うん……芽衣が倒れた。」


広「は?!救急車呼ぶから、優希も一緒についてきて!」

優「分かった」





< 6/ 37 >