ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

中島くん、わざとでしょ




「ちなみに言うと。今日声かけたのは、少しでも恩を売っておかないと、いつ告げ口されるかわかんねぇと思ったから」




つまりそれは、私に優しくすることで警戒心を解いて、口外することに後ろめたさを植え付けようとした、ということ。



やっぱり、純粋な優しさなんかじゃなかった。

謝らなくてもよかったんだ。






「けど、失敗だったな。結果的に、俺のほうが……」



中島くんは何かをつぶやいて、途中で言葉を切った。
なに?と首を傾げると「なんでもない」と首を振る。




そして。
突然、爽やかな笑顔に切りかえたかと思えば。





「じゃー、また明日。はのんちゃん」



ヒラヒラ〜と手を振って私に背中を向ける。



唖然として見送るしかなかった。


どれが本物で、どれが演技なのか
依然としてわからない。




やっぱりつかめない男、中島くん。



< 39/ 320 >