ケータイ小説 野いちご

腹黒王子のいいなり。



「私はもう限界で……」
「だから?」

「えっ……」
「お前がどうであれ、俺には関係ない」


私を優しく抱きしめるくせに、性格は全然優しくなかった。

むしろ私に対して意地悪をしてくる。
思わずぎゅっと、抱きつく力を強めた。


「ほら、そうやって逃れようとするな」
「してない……」
「夕美」

「……っ、ずるい」


こういう時だけ、名前で呼んで。
優しく声をかけるだなんてずるすぎる。

目的はただひとつなのに。



私は抱きつく力を緩め、ゆっくりと顔を上げる。
雅もこちらを向いていて、視線が絡み合うと満足そうに笑った。


そしてまた、私にキスを落とす。
何度もキスをされるけれど、嫌だなんて思わない。

それでもやっぱり恥ずかしくて、ドキドキしていたら、突然体が傾いて。

背中には柔らかいクッションのような感覚がした。


キスが止まったから目を開けると、視界には白い天井と私に覆いかぶさる雅の姿があって。

どうやらベッドの上で仰向けになっているらしかった。


「み、雅?」
「こうしたほうが、お前も体勢楽だろ?」

「そ、そうなの……?」
「うん、そう。だから力抜けばいい」


雅が私の頭を撫でるから、信じて体の力を抜いた。



「じゃあ、目閉じて」
「……っ」

すると今度は、優しい声音で誘導される。
もちろん私は全部、雅に従うのみ。


だから私は、そっと目を閉じた。


< 301/ 338 >