ケータイ小説 野いちご

昼休みが終わる前に。



ふと、リビングのカレンダーが目に入った。


7月29日 月曜日。


先週の今日、ちょうどこれくらいの時間に、松下先生から電話がかかってきたんだ。




『——実はね、旧校舎の取り壊しが来週の水曜日から始まることになったのよ』




受話器越しの先生の声が、耳の奥で蘇る。


来週の水曜日からだった旧校舎の取り壊しが、早くも今週の水曜日に迫っている。そしてタイムリープ先の日付もまた、刻々と修学旅行の日に近づいている。



みんなが、死んでしまう。




……いや。




死んでしまうのではなく、


もう、死んでいるんだ。


私はその“現実”を受け入れなくちゃいけない。




窓を閉め、二階の自室に戻った。髪をドライヤーでブローし、爽やかなパステルブルーの膝丈ワンピースに着替え、鏡に向かって化粧をした。


そうやっておしゃれをしていると、気持ちが少し前を向くような気がした。




支度を終えて玄関を出ると、明るい夏の陽光が辺り一面に照りつけていた。


私はそのまぶしさに目を細めながら自転車のスタンドを蹴り上げ、サドルにまたがった。




< 181/ 233 >