ケータイ小説 野いちご

学校一の人気者に告白されました

「もう少し…ゆっくり歩いて?」



そうなの、かなり自分のペースだからついて行くだけで必死。



「早かった?ごめんな気づかなくて」



「ううん…」



いつも、こんな感じで女の子と歩いてるんだ。



勝手に着いてくるって言ってたのは、本当なのかもしれない。



「お前の定番、図書室行く?」



「飲食禁止だよ」



「そか」



「陽向くんはいつもどこで食べてるの?」



「学食とか、裏庭とか」



「そうなんだ。そしたら学食に行こうよ」



「人多すぎていちゃつけねー」



はいっ!?



「ははっ、ビビりすぎ。ウソじゃん?」



ほんっと…いちいちドキドキさせられる。



昨日のことを思い出したら、またって思うもん。




< 117/ 279 >