ケータイ小説 野いちご

双子社長のギャップ萌え。(大幅に加筆修正済み)


そうしたら
何故だか希望していた第2秘書として
採用が決まった。奇跡が起きたのだ。

夢なら覚めないでほしい。

これで病気がちなお母さんに
安心して入院をさせてあげられる。

残りの借金も払えるだろう。

我が家は、生活が苦しかった。

父が会社経営をしていたが失敗をして多額の借金を
残して蒸発した。

今だに行方不明のままだ。

母は、昔から身体の弱い人だったのだが
無理して働き余計に身体を悪くした。

入院させたくても入院費を払えるお金もない。

私は、必死にバイトを掛け持ちをして
生活を助けた。

大学まで奨学金でここまできた。


< 2/ 373 >